別作品
ハリー「頭が割れる…先生、これは…」ダンブルドア「群発頭痛じゃ」
ロン「僕とハーマイオニーが落っこちそうだとするよ?」ハリー「…うん?」 
ハリー「イメチェンしたいんだ」ロン「…うん?」ハーマイオニー「え?」 
ハーマイオニー「ハリーが女の子になってしまったわ」ロン「」 
ハリー「もてたいんだ」ロン「……その喧嘩、1シックルで足りるかい?」 
ハーマイオニー「すき……よ、ハリー」ハリー「あぁ、僕も……」ロン「」
ハリー「安価でホグワーツの女の子と付き合おう」
ハリー「宿題で潰れる休日」ロン「全く、ホグワーツってステキだよな」
ハーマイオニー「ハリーと喧嘩?」ロン「キャノンズ優勝まで顔も見たくないね」
シリウス「ハリーとの将来のためにマグル社会の勉強をしよう」 
シリウス「ハリーのために、私達ができることはなんだ?」
ドラコ「『ポッターにチョコを渡してこマらせルフォイ大作戦』だ!」



関連作品

第一巻『ハリー・ポッターと賢者の石』相当
ハニー・ポッター「私が、魔法使い?」 
ハニー・ポッター「賢者の石、ですって?」
ハニー・ポッター「賢者の石は、どうなったのかしら」

第二巻
ハリー・ポッターと秘密の部屋』相当
ハニー・ポッター「秘密の部屋?なぁに、それ」 
ハニー・ポッター「スリザリンの継承者?なんなの、それ」

第三巻『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』相当
ハニー・ポッター「脱獄囚の、シリウス・ブラック?」
ハニー・ポッター「『エクスペクト・パトローナム!』」
ハニー・ポッター「『守護霊よ、来たれ!』」

第四巻『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』相当
ハニー・ポッター「勝つのは私、そうでしょ?」
ハニー・ポッター「何がこようと、受けて立つわ」 
ハニー・ポッター「いつか必ず、来るものは来るのよ」 
ハニー・ポッター「来るものは来る、来た時に受けてたてばいいのよ。勝つのは、私よ」 

第五巻ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』相当
ハニー・ポッター「騎士団、いいえ。私の豚団ね、そうでしょ?」  【前編】【後編
ハニー・ポッター「『私は、嘘をついてはいけない』……?」  【前編】【後編
ハニー・ポッター「誰一人だって、欠けさせないわ」  【前編】【後編
ハニー・ポッター「進まなきゃ、前に。そうでしょ?」  【前編】【後編

第六巻『ハリー・ポッターと謎のプリンス』相当
ハニー・ポッター「プリンス、だなんて。なんなのかしら」
ハニー・ポッター「暴いてみせるわ、マルフォイの企み」
ハニー・ポッター「どうして、スネイプなんかを……」 【前編】【後編

ハニー・ポッター「アルバス・ダンブルドアと、わたし」


第七巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』相当
ハニー・ポッター「分霊箱を、探す旅」 【前編】【後編
ハニー・ポッター「死の、秘宝……?」
ハニー・ポッター「最後(いやはて)の、敵なる死だって……越えてみせる!」【完結】









1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:28:32 ID:22YdoBTt0


ハリー「額の傷がそうしろとうずいてる気がするんだ」

ロン「ハリー、君はいつから中二病になっちまったんだい?」

ハリー「細かいことさ。さて、まずは>>3のところに行こうかな」

ロン「ちなみに僕はよしてくれよ」

ハリー「もちの君でね」




3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:29:16 ID:d4pD+L3N0


シビル先生




5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:31:49 ID:22YdoBTt0


ハリー「シビル先生のとこに行こう」

ロン「……トレローニー?占い学の?」

ハリー「シビルさ、ロン」

ロン「いつからファーストネームで呼ぶようになったんだい……それにしても趣味が悪いな」

ハリー「あの神秘的なとことか、神秘的なとことか、あとミステリアスなところとかたまらないじゃないか」

ロン「オーケー、そこまで言うなら止めないよ。止める気もなくしたね」

ハリー「そう。えーっと、『忍びの地図』によるとシビルは>>8にいるみたいだ」




8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:33:02 ID:S9y2VvpY0


ネビルのベッド




10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:33:07 ID:/+5lYpsT0


マートルのトイレ




11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:34:21 ID:lSSkUuY8O


ハグリットの小屋




12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:35:31 ID:22YdoBTt0


ハリー「あれ?僕らの寝室??」

ロン「? どういうことさ」

ハリー「いや、シビルの現在地が僕らの寝室ってことになっているんだ」

ロン「何かの間違いだろ?寮監でもないトレローニーがどうしてグリフィンドールの寮に……」

ハリー「父さん印の地図が間違うことはないと思うんだ……一応、確認しに行こう」

ロン「分かったよ……あっ!」

ハリー「!?!? シビルが、ネビルのベッドで>>15をしているだって!?!?」




15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:36:40 ID:NRZfZYUo0


裸で寝てる




19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:39:39 ID:22YdoBTt0


シビル「……Zzz」

ロン「……オェッ」

ハリー「あぁ……シビルが、あられもない姿で」


ネビル「良かったよシビル」スパーッ


ロン「ネビル……君には男としてのプライドはないのか。穴があればなんだっていいのかい」

ハリー「ネビルとシビル、ビル繋がりでお似合いってわけさ」

ロン・ハリー「「HAHAHA!!」」

ロン「で、どうするんだい?」

ハリー「ネビルと穴兄弟なんてごめんだからね。>>21にするよ」

ロン「節操ないね君は」




21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:40:38 ID:d4pD+L3N0


>>2




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:29:13 ID:NRZfZYUo0


マクゴナガル女史




23: ◆8txDeMeBxQ 2012/09/19 18:40:46 ID:PY6R49xs0


嘆きのマートル




25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:43:13 ID:22YdoBTt0


ハリー「マクゴナガル女史さ」

ロン「……ハリー、君、いわゆる熟女好きってやつなのかい?」

ハリー「失敬な。あんなにしっかりしていて生徒思いで猫可愛いマクゴナガル女史だよ、ロン?惹かれるのも仕方ないじゃないか」

ロン「僕は君にどん引きだけどね」

ハリー「上手くないよ。えーっと、マクゴナガルは>>28にいるね」




28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:44:25 ID:lfwJjs+K0


ふくろう小屋




29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:44:31 ID:RjxhK7DN0


棺桶




32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:47:15 ID:22YdoBTt0


ハリー「ふくろう小屋にいるみたいだ」

ロン「今度はエロールが寝取っていたりして」

ハリー「よしてくれよ。それじゃ、ふくろう小屋に行ってみよう」

ロン「トレローニーとネビルはどうする?」

ハリー「>>36しておこうか」




36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:49:03 ID:RjxhK7DN0


食べる




37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:49:08 ID:Nhgrqmf30


アバダケダブラ




38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:50:09 ID:cJP848Ut0


エクスペクト・パトローナム




39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:52:03 ID:22YdoBTt0


ハリー「食べておこうか」

ロン「!?!?」

ハリー「あぁ、もちろん性的な意味でね」

ロン「び、びっくりした。カニバリズムにでも目覚めっちまったのかと思ったよ……いやどっちにしろおったまげーだけど」

ハリー「でもさっき言った通り僕はネビルと穴兄弟なんてごめんだし、僕はノーマルだからネビルをほれない」

ロン「君がノーマルなら世の男の9割はノーマルだろうさ」

ハリー「なんのことさ。ここは、ホグワーツがほこる両刀使いの>>42にまかせよう」




41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:52:40 ID:YsTqdfNx0


スネイプ




42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:52:48 ID:PnuRsFW00


シェーマス




46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:56:53 ID:22YdoBTt0


ハリー「やぁ、シェーマス」

ロン「シェーマス・フィネガン。僕らと寝室が同じの、映画では爆発魔キャラがついていた奴さ」

シェーマス「やぁハリー、ロン。いきなりなんだい、僕の解説なんて」

ロン「いや、きみを良く知らない人が君を両刀使いってだけで覚えたら不憫だと思って……」

ハリー「シェーマス、僕らの寝室でネビルとシビルがビル繋がりでエクスぺクトしてるんだ」

シェーマス「なんだって!?そいつはパトローナムしないとな!それじゃ!!」

ロン「なんだろう、今の頭が痛くなる会話」

ハリー「細かいことさ。さ、それじゃ急いで>>50でふくろう小屋に行こう」




48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:57:36 ID:TvMUtiAHP


透明まんと




49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:57:40 ID:2t0lFzuv0


ファイアボルト




50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 18:57:50 ID:lfwJjs+K0


スーザン・ボーンズ




55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:02:09 ID:22YdoBTt0


ハリー「スーザン・ボーンズで行こう」

ロン「は?」

スーザン「呼んだかしら、ハリー」

ハリー「やぁスーザン。スーザンはお母さんが僕の裁判を担当してたゆえんがあって仲良くしててね」

ロン「はぁ」

ハリー「スーザン、ちょっと担いでくれるかい?」

スーザン「喜んで、ハリー」

ロン「……君は何になりたいんだい?」

ハリー「? とりあえず、シリウスみたいになりたいな」

ロン「彼もそこまでトンデモな学生生活は送ってなかったろうさ」

ハリー「そうかな。さっ、ついたよ……あっ!マクゴナガル、>>60をしてる!?!?」




60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:05:08 ID:RjxhK7DN0


アンチエイジング




62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:09:59 ID:22YdoBTt0


ハリー「アンチエイジングしている!?!?」


マクゴナガル「この化粧魔法薬はいまいちでしたね……やはりセブルスに頼むのが一番でしょうか」

マクゴナガル「いいえ、それよりも食べ物の改善を先に……厨房の屋敷しもべ妖精へ、私の料理だけかえるよう……」


ロン「うわぁ、あんなでも気にしてたか。だから人目のつかないこんなところで」

ハリー「年齢を気にするマクゴナガル女史健気で可愛いじゃないか。ロン、僕、行って来るよ」

ロン「あ、うん」

ハリー「マクゴナガル女史!!!」

マクゴナガル「! ぽ、ポッター!?」

ハリー「>>65!!!」




64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:12:53 ID:GfeUK9m60


アバダケダブラ!




65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:12:58 ID:d4pD+L3N0


ずっと好きでした!!僕とつきあってください!




66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:12:59 ID:S9y2VvpY0


アバダケダブラ




68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:16:33 ID:22YdoBTt0


ハリー「ずっと好きでした!!僕とつきあってください!」

マクゴナガル「!!」

ロン「直球だねハリー、さすがは英雄さ。相手が英断どころじゃない売れ残りだけど」

ハリー「……」

マクゴナガル「……ポッター、いいえ、ハリー。あなたは素晴らしい青年です」

ハリー「!で、では!」

マクゴナガル「ですが、私はあなたの教師。教師と生徒がそのような関係など、あってはなりません」

ハリー「っ」

マクゴナガル「なにより私は、あなたを息子のように思っています。現に、そう言っていいほど歳の差もあるでしょう」

ロン「いや、孫くらいじゃないかな」

ハリー「そんなの、そんなの関係ありません!ずっと好きでした!!僕と……」

マクゴナガル「お黙りなさいっ!!」

ハリー「!」

マクゴナガル「……>>70




69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:18:06 ID:rtlxOlNTO


私には・・・ダンブルドアという人がいるのです




70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:18:24 ID:XkNwyr4j0


>>69




72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:22:01 ID:22YdoBTt0


マクゴナガル「あなたの好意を無碍にしたくはなかったのですが……私には・・・ダンブルドアという人がいるのです

ハリー「っ」

マクゴナガル「ですから、お忘れなさい。先程も言いましたが、あなたは素晴らしい青年です、ハリー」

ハリー「……マクゴナガル女史」

マクゴナガル「……さようなら。私の大事な生徒」


ロン「……よっ、相棒。残念だったな」

ハリー「あぁ、ロン……そんなことないさ。>>75だよ」




75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:24:50 ID:DlHku3rm0


また貴殿か
安価下




76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:24:55 ID:FnqnBG5n0


射精しまくり




78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:27:22 ID:22YdoBTt0


ハリー「射精しまくりさ」

ロン「……」

ハリー「寝取られの連続、たまらないよ。違う意味でも溜まらないね、暇がないさ連続すぎてHAHAH」

ロン「……」

ハリー「……『スコージファイ、清めよ』」

ロン「そんな呪文で下着の中は綺麗にできても、僕の君を汚物を見るような目は清められないよ、ハリー」

ハリー「上手くないよロン。さっ、気を取り直して>>81に勝負をかけようか」




81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:28:38 ID:27wZXxIK0


ハーマイオニー




87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:30:24 ID:22YdoBTt0


ハリー「ハーマイオニーに、勝負をかけよう」

ロン「!!」

ハリー「うん?どうしたんだい、ロン」

ロン「……」

ハリー「君は、彼女のことをなんとも思っていないんだろう?だったら、僕を止める道理はないよね?」

ロン「……」

ハリー「さっ、まずはハーマイオニーの居場所を……」

ロン「>>90!!!!」

ハリー「!?!?」




89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:30:44 ID:u0Hy6VUB0


クルーシオ




90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:30:54 ID:TBGmLRcr0


おれがレイプした!




92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:30:56 ID:WksByPWq0


セクタムセンプラ




98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:33:47 ID:22YdoBTt0


ロン「おれがレイプした!」

ハリー「はいはい、おもしロンおもしロン」

ロン「ハリー、待ってくれよ、僕らは親友だろう!?そういう、あの、付き合うとかは!」

ハリー「親友をレイプした発言するのはどうなんだい?」

ロン「必死だったんだよ!!」

ハリー「へぇ。じゃぁ、どうしてそこまで必死になったのさ」

ロン「そ、それは、だから、僕らは親友、だから……」

ハリー「本当かい、ロン?本当に君はそれだけが理由であんなことを口走ったのかい?」

ロン「……」

ハリー「ロン……いい加減、素直になりなよ。君は>>102なんだろう?」




102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:34:42 ID:RjxhK7DN0


ED




105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:34:56 ID:TBGmLRcr0


死喰い人




108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:35:31 ID:rtlxOlNTO


ハーマイオニーが好きなんだろ?




109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:36:38 ID:FnqnBG5n0


あの年齢で不能か・・・




110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:37:22 ID:22YdoBTt0


ハリー「EDなんだろう?」

ロン「!!!!」

ハリー「だから、ハーマイオニーのことが好きなのに、気のないフリをしてるんだよね」

ロン「……」

ハリー「それでも、誰かが彼女に言い寄ったら……不毛だとは思わないかい?君は不能なわけだけど」

ロン「ぶっ飛ばすぞ」

ハリー「ロン……EDがなにさ!君のその気持ちを、ハーマイオニーに伝えてきなよ」

ロン「ハリー……」

ハリー「僕は、>>115しておくから」




111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:37:53 ID:u0Hy6VUB0


君のEDを治




115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:38:26 ID:lfwJjs+K0


君のEDを悪化




117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:39:39 ID:nZ5qarTX0


鬼畜すぎるだろwww




119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:44:16 ID:22YdoBTt0


ハリー「君のEDを悪化しておくから」

ロン「えっ」

ハリー「『レダクト!!!!』」

ロン「うわぁあああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!」ドサッ

ハリー「よし……物理的に壊してしまえば、もう治るものも治らないね」

ハーマイオニー「終わったかしら、ハリー?」

ハリー「あぁ、ハーマイオニー。君に言われたとおり、ロンの不能は悪化して再起不能さ」

ハーマイオニー「ありがとう。あのままロンと結ばれても、この人、絶対に浮気しょうだものね」

ハリー「あぁ、それならいっそ起たない方がいい、そういう話だったね?」

ハーマイオニー「えぇ。前もってあなたが散々熟女にアタックしていたおかげで、ロンのはすっかり萎縮していたから上手くいったようね」

ハリー「あぁ。さっ、ロンの記憶を」

ハーマイオニー「えぇ……これで、ロンは気づいたときには私に告白しようって気持ちしか、覚えていないわ」

ハリー「もちの?」

ハーマイオニー「えぇ、ロンで」

ロン「」ピクピク
end




126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 19:46:59 ID:22YdoBTt0


暇つぶしに付き合ってもろてどうも
今度は安価じゃのうてちゃんと書くで
またの!!




137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 20:20:04 ID:MTAToArB0


>>1乙。




139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19 20:39:33 ID:OGRIkubz0


おもしロンかった






別作品
ハリー「頭が割れる…先生、これは…」ダンブルドア「群発頭痛じゃ」
ロン「僕とハーマイオニーが落っこちそうだとするよ?」ハリー「…うん?」 
ハリー「イメチェンしたいんだ」ロン「…うん?」ハーマイオニー「え?」 
ハーマイオニー「ハリーが女の子になってしまったわ」ロン「」 
ハリー「もてたいんだ」ロン「……その喧嘩、1シックルで足りるかい?」 
ハーマイオニー「すき……よ、ハリー」ハリー「あぁ、僕も……」ロン「」
ハリー「安価でホグワーツの女の子と付き合おう」
ハリー「宿題で潰れる休日」ロン「全く、ホグワーツってステキだよな」
ハーマイオニー「ハリーと喧嘩?」ロン「キャノンズ優勝まで顔も見たくないね」
シリウス「ハリーとの将来のためにマグル社会の勉強をしよう」 
シリウス「ハリーのために、私達ができることはなんだ?」
ドラコ「『ポッターにチョコを渡してこマらせルフォイ大作戦』だ!」



関連作品

第一巻『ハリー・ポッターと賢者の石』相当
ハニー・ポッター「私が、魔法使い?」 
ハニー・ポッター「賢者の石、ですって?」
ハニー・ポッター「賢者の石は、どうなったのかしら」

第二巻
ハリー・ポッターと秘密の部屋』相当
ハニー・ポッター「秘密の部屋?なぁに、それ」 
ハニー・ポッター「スリザリンの継承者?なんなの、それ」

第三巻『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』相当
ハニー・ポッター「脱獄囚の、シリウス・ブラック?」
ハニー・ポッター「『エクスペクト・パトローナム!』」
ハニー・ポッター「『守護霊よ、来たれ!』」

第四巻『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』相当
ハニー・ポッター「勝つのは私、そうでしょ?」
ハニー・ポッター「何がこようと、受けて立つわ」 
ハニー・ポッター「いつか必ず、来るものは来るのよ」 
ハニー・ポッター「来るものは来る、来た時に受けてたてばいいのよ。勝つのは、私よ」 

第五巻ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』相当
ハニー・ポッター「騎士団、いいえ。私の豚団ね、そうでしょ?」  【前編】【後編
ハニー・ポッター「『私は、嘘をついてはいけない』……?」  【前編】【後編
ハニー・ポッター「誰一人だって、欠けさせないわ」  【前編】【後編
ハニー・ポッター「進まなきゃ、前に。そうでしょ?」  【前編】【後編

第六巻『ハリー・ポッターと謎のプリンス』相当
ハニー・ポッター「プリンス、だなんて。なんなのかしら」
ハニー・ポッター「暴いてみせるわ、マルフォイの企み」
ハニー・ポッター「どうして、スネイプなんかを……」 【前編】【後編

ハニー・ポッター「アルバス・ダンブルドアと、わたし」


第七巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』相当
ハニー・ポッター「分霊箱を、探す旅」 【前編】【後編
ハニー・ポッター「死の、秘宝……?」
ハニー・ポッター「最後(いやはて)の、敵なる死だって……越えてみせる!」【完結】







第三世界図書館 新着S S 5 0