別作品
ハリー「頭が割れる…先生、これは…」ダンブルドア「群発頭痛じゃ」
ロン「僕とハーマイオニーが落っこちそうだとするよ?」ハリー「…うん?」 
ハリー「イメチェンしたいんだ」ロン「…うん?」ハーマイオニー「え?」 
ハーマイオニー「ハリーが女の子になってしまったわ」ロン「」 
ハリー「もてたいんだ」ロン「……その喧嘩、1シックルで足りるかい?」 
ハーマイオニー「すき……よ、ハリー」ハリー「あぁ、僕も……」ロン「」
ハリー「安価でホグワーツの女の子と付き合おう」
ハリー「宿題で潰れる休日」ロン「全く、ホグワーツってステキだよな」
ハーマイオニー「ハリーと喧嘩?」ロン「キャノンズ優勝まで顔も見たくないね」
シリウス「ハリーとの将来のためにマグル社会の勉強をしよう」 
シリウス「ハリーのために、私達ができることはなんだ?」
ドラコ「『ポッターにチョコを渡してこマらせルフォイ大作戦』だ!」



関連作品

第一巻『ハリー・ポッターと賢者の石』相当
ハニー・ポッター「私が、魔法使い?」 
ハニー・ポッター「賢者の石、ですって?」
ハニー・ポッター「賢者の石は、どうなったのかしら」

第二巻
ハリー・ポッターと秘密の部屋』相当
ハニー・ポッター「秘密の部屋?なぁに、それ」 
ハニー・ポッター「スリザリンの継承者?なんなの、それ」

第三巻『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』相当
ハニー・ポッター「脱獄囚の、シリウス・ブラック?」
ハニー・ポッター「『エクスペクト・パトローナム!』」
ハニー・ポッター「『守護霊よ、来たれ!』」

第四巻『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』相当
ハニー・ポッター「勝つのは私、そうでしょ?」
ハニー・ポッター「何がこようと、受けて立つわ」 
ハニー・ポッター「いつか必ず、来るものは来るのよ」 
ハニー・ポッター「来るものは来る、来た時に受けてたてばいいのよ。勝つのは、私よ」 

第五巻ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』相当
ハニー・ポッター「騎士団、いいえ。私の豚団ね、そうでしょ?」  【前編】【後編
ハニー・ポッター「『私は、嘘をついてはいけない』……?」  【前編】【後編
ハニー・ポッター「誰一人だって、欠けさせないわ」  【前編】【後編
ハニー・ポッター「進まなきゃ、前に。そうでしょ?」  【前編】【後編

第六巻『ハリー・ポッターと謎のプリンス』相当
ハニー・ポッター「プリンス、だなんて。なんなのかしら」
ハニー・ポッター「暴いてみせるわ、マルフォイの企み」
ハニー・ポッター「どうして、スネイプなんかを……」 【前編】【後編

ハニー・ポッター「アルバス・ダンブルドアと、わたし」


第七巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』相当
ハニー・ポッター「分霊箱を、探す旅」 【前編】【後編
ハニー・ポッター「死の、秘宝……?」
ハニー・ポッター「最後(いやはて)の、敵なる死だって……越えてみせる!」【完結】








1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 18:51:35 ID:feHace6v0


グリモールドプレイス十二番地

リーマス「……どうしたね、パッドフット。いやに真剣だな、今日は」

シリウス「何を言っている、ムーニー。私はあの子のことならいつだって真剣だ」

リーマス「いつもそうあってほしいね、あぁ。それで?私達にできること、か」

シリウス「……」

リーマス「それは、ダンブルドアの意思ともいえる。ヴォルデモートの、奴の力を挫いて。私達があの子たちの……」

シリウス「? あぁ、いや。そういう話をしているんじゃない」

リーマス「うん?」

シリウス「リーマスには獣人化、トンクスには七変化……私はどうだ!君と被るだけじゃぁないか、『動物もどき』なんて!」

リーマス「……パッドフット。まさかとは思うが君、この間の」

シリウス「そう。騎士団こと『不死鳥戦隊ダンブルドアー』の構成員の話だが」

リーマス「……トンクスが来るまで『待て』だ。あと、『おすわり』!」

シリウス「やめろ」




引用元: シリウス「ハリーのために、私達ができることはなんだ?」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 18:59:27 ID:feHace6v0


トンクス「あー、シリウスあの話まだひきずってたんだ」

シリウス「他に考えることもないものでね。ダンブルドア様様が私を懐刀としてしまいこんでいるおかげで」

リーマス「それなら屋敷の掃除でもなんでもすればいいだろう、まったく……はいトンクス、お茶だよ」

トンクス「よかった、今日はマグカップだ。えー、っと、それで?」

シリウス「あぁ、二つ名で決めよう、そういうことになっただろう?」

リーマス「私の意思は全く反映されていないがね」




5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 19:02:44 ID:feHace6v0


シリウス「それを考えていたら、この個性的な面子の中で私にこれといって際立ったものがないのでは、とね」

トンクス「思い当たっちゃったんだ」

リーマス「ヘタレ犬でいいじゃないか」

シリウス「少しは私の意見も反映してみたらどうだいやめろ」

トンクス「意味はどうあれ響きは可愛いんじゃないかなぁ」

シリウス「なんだ、『可愛い水の妖精』……っく、っぷ」

トンクス「杖を取れ頭を垂れろシリウス・ブラック!保健所行く前に去勢されたいわけ!?」

リーマス「トンクス、おさえて。それは早いよ、まだ」

シリウス「最後の手段をちらつかせるのはやめろ!」




6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 19:08:10 ID:feHace6v0


トンクス「特殊な能力、かぁ」

シリウス「魔法の目、七変化、人狼、こんな面子ばかりでは私の変身なんて……」

リーマス「ハリーが城に戻ってやけに凹むのは静かでいいが、ネガティブになるのはやめてくれるかい……第一、私の変身が羨ましいって?え?」

シリウス「DADAの試験で有利じゃないか?問10は気に入ったかい、ムーニー」

リーマス「あぁ、お望みとあらば君が回答に『狼人間の名前は闇に煌く一等星』と書かせてやろうじゃないか、パッドフット」

トンクス「もーやめてよ。なんだかわたし最近二人があだ名で呼び合うの喧嘩の合図なんじゃないかと思ってきた……あってる気がするわ」




9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 19:16:24 ID:feHace6v0


トンクス「そんな能力云々がなくったって、さぁ。シリウス、強いじゃない」

シリウス「ありがとうニンファドーラ。優しさに涙が出るね」

トンクス「その、名前で、呼ばないで、ってば!!!」

リーマス「まぁ、確かに。そこまで悲観するほど、君は騎士団の中でお荷物というわけではないと思うが」

シリウス「そうかい?」

リーマス「あぁ、ただこの本部の中でぐーたらとしているのが、邪、魔、というだけの話であって」

シリウス「がふっ。わ、悪かったな。文句はダンブルドアに言ってくれ、さっきも言ったがね、私に仕事をくれない彼が悪い」

リーマス「それなら掃除でもなんでもすればどうさ、と、私こそさっき言ったよ」

トンクス「ほらシリウス、ひょっとしたらハリーがクリスマスにここに来るかもしれないでしょ?そのためと思えば……」

シリウス「! 本当か!?ハリーが、そう言ったのか!?」

トンクス「えっ。あ、あー……」

シリウス「いや、だが私にはそのことは何も……あぁ、なるほど。サプライズか?っはは、流石はジェームズの子だ。なるほど、そうか。それならやるしかないな、うん!」

トンクス「……えーっと」

リーマス「放っておこう、トンクス。その方が騎士団の衛生上よろしい」




10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 19:22:39 ID:feHace6v0


トンクス「あ、あのさ!そんで、シリウスの、あー。特殊能力の話ね」

シリウス「掃除界の一番星と呼んでくれ」

トンクス「それでいいならいいけどさ、何年か経って恥ずかしくなるよ、きっと」

リーマス「動物もどき<アニメーガス>は十分便利だと、私は思うが」

シリウス「だから、君ともろ被りだろう」

トンクス「同じ肉食目だしね、ダメダメな」

リーマス「いや、私はあくまで人狼だから。そっちの犬と一緒にしないでもらいたい」

シリウス「スニベルスを食べかけるような獣が何を言うのやら」

トンクス「えっ。スニベルスってスネイプの、えっ。リーマス、あなたそういう」

シリウス「すまないトンクス今のは忘れろお願いだから。リーマスが満月近くでもないのに獣に変わりかねないから忘れてください」




13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 19:27:12 ID:feHace6v0


リーマス「……今シリウスがいみじくも仰ったとおり。私の変身は、ほら。満月だけだろう?」

トンクス「あー、いつでも変われる動物もどきほど便利じゃない、って言いたいの?」

シリウス「それがまた特別感があるじゃないか。なんだいつでも犬って。私は最近自分が犬なんだか人なんだかどうでもよくなってきたほどだ」

トンクス「よくないよくない、ダメでしょ人捨てたら」

リーマス「あぁ、この間早朝にここに来たら玄関マットで寝ていたのはそういう……」

トンクス「ねぇシリウスって家犬じゃないよね?なんでそんな習性ついちゃってるの?ねぇ」




14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 19:37:09 ID:feHace6v0


シリウス「とにかく、リーマスほどの派手さがない」

トンクス「あー、うん。大きいけどさ、人狼に比べればねぇ」

シリウス「そうそう。この間だってハリーを見送りに普通に人前に出られたろう?」

リーマス「……まんまとルシウス・マルフォイに看破された例の件がなんだって?え?」

シリウス「わ、忘れてくれ。ワフンッ」

トンクス「あれは失敗だったよね……ダンブルドアもすっごい怒ってたし」

シリウス「おかげで私は一週間ほねっこだった……そうだな、強いといってもダンブルドアに比べたらこれだ」

トンクス「いやあの人に比べられたらほとんどみんなそうでしょ?マッド-アイだって義足投げつけた後死ぬ覚悟決めるって言ってたよ、ダンブルドアと戦うなら」

シリウス「さすがは歴戦の猛者」

リーマス「誰かとは違うな、あぁ」




15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 19:42:52 ID:feHace6v0


シリウス「失礼な、私だってハリーのためならダンブルドアの足を噛み砕くくらいしてみせる」

トンクス「嫌な想像やめようよ」

リーマス「ダンブルドアが聞いていたらあまりいい顔をしない話だろうねこれは」

シリウス「そうか?あの人なら『それではわしも新しいボールを用意しておかんといかんのう』とか言いそうだ」

トンクス「遊ぶ感覚だぁシリウス決死なのに」

シリウス「あの人にかかれば同じようなものだろう、うん」

リーマス「ヴォルデモートが唯一恐れた人だからね」

トンクス「っ、そだね。えーっと、シリウスのアイデンティティがネタにしかならない犬化になったってわけだけど、さ」

シリウス「改めて言われると傷つくからやめてもらえるか。そして言い方、言い方」




17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 19:49:19 ID:feHace6v0


シリウス「そうだ、一つあるぞ。私の売り」

リーマス「なんだい、顔とでもほざくなら……」

シリウス「そんなものは見れば分かるだろう、一々今更言うことでもない」

トンクス「『ハリーへ。あなたのおじさんはとんだナルシストな部分が……』」

シリウス「やめろ。そうだ、それだ。ハニーにもそれで、私は何度か力になっている!」

リーマス「へぇ、ここではとんと役立たずの君が?」

シリウス「がふっ、そうだ!」

トンクス「なんなの?私達にはなくて、シリウスにはあるもの……?」

シリウス「そうだ、それは……」


シリウス「財力だ!」

リーマス「この犬畜生」

トンクス「今は無収入のくせに!!」




21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 20:01:38 ID:feHace6v0


シリウス「何とでも言うといい。私はこの家の者は嫌いだったがね、うなるほどの金貨を残してくれたことには感謝している」

リーマス「こいつ」

トンクス「わたしがマッド-アイにしごかれても安月給で我慢してるのにこいつ!!!」

シリウス「ハリーが一番最初に乗った箒のおもちゃをプレゼントしたのは私だし、今ハリーが愛用している世界最高級の箒も私があげたものだ」

トンクス「みてなさい!キングズリーが魔法省大臣になったらうーんと闇払いのお給料あげてもらうんだから!」

リーマス「……君がそこまでその意地汚い力を押すなら私にも考えがあるぞ、パッドフット」

シリウス「汚いとはなんだ、あぁ、まあどんな経緯で手に入れた金かは聞きたくないがね」

リーマス「あるじゃないか、君にも特殊能力が。誰にもまねできない、したくもないものが」

シリウス「?」



リーマス「何もない空間から、重い手錠をヒョイと取り出せる」

シリウス「やめろ」

トンクス「うわぁ」

シリウス「やめろ!!!」




24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 20:07:45 ID:feHace6v0


トンクス「私、ダンブルドアを信じてたけどさ。それだけ聞くと、シリウスってもろに……」

シリウス「ちがう!あれは、あれは学生の頃に見つけたちょっとした、手品のようなもので」

リーマス「それにしたって取り出すのが……手錠ねぇ」

シリウス「アズカバンから抜け出した時に拝借しただけだ!別に、手錠限定というわけじゃない!」

トンクス「ねぇリーマス、ハリーを本当にシリウスに任せていいのかな……?」

リーマス「少し心配になってきたね、ああ。その時は私が引き取ろう」

トンクス「そ、そしたら、リーマスだけじゃ不安だしさ。わたしもさぁ」

シリウス「私のあずかり知らない所で話を進めるのはやめてもらえるか!あの子の後見人は僕だぞ、ムーニー!」




25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 20:10:47 ID:feHace6v0


シリウス「……悪かった、悪かった。真っ当に稼ぐ君たちの方が偉い、ハイハイ」

リーマス「反省の色が見えないが、よしとしようか」

トンクス「そうだね。あとハリーには手錠に気をつけてって言っておこっと。手紙で」

シリウス「私があの子に何をするというんだ……」

リーマス「日々の言動から危うさが伝わってくるんだよ、君の場合」

トンクス「でも、さっきのはちょっと関心したかなぁ。ハリーに箒のおもちゃをあげたの?」




27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 20:18:55 ID:feHace6v0


シリウス「そうだ。ハリーもえらく喜んでいた、と、リリーの手紙にもあった……この間、その時の手紙を見つけてね」

リーマス「あぁ、そうか。ハリーが生まれた後と言うことは、もうジェームズたちは」

シリウス「谷に隠れた後だ。ジェームズとリリーの抜けた穴を埋めるので忙しくてね、私はあまり顔を出せないでいたら、手紙が来たんだ」

トンクス「へぇ。見たいな、その手紙。結局私、ハリーのご両親のことすこーししか覚えていないし」

シリウス「それもそうだろう、君はまだちっちゃな水の妖精だったしな」

トンクス「それ以上言うと手紙ごとここ燃やすわよ?」

シリウス「はっは、怖い怖い。私の部屋の、サイドテーブルの引き出しの中だ。オートバイのマニュアルの下にある。とってくるといい」

リーマス「そういえば、あのオートバイは?」

シリウス「ハグリッドが預かってくれている。いつかハリーにあげたいものだなぁ」




29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 20:24:15 ID:feHace6v0


トンクス「……はい、これ」

シリウス「そうそう、これだ。見てみろムーニー、リリーの字。ハリーと似ているだろう?え?」

リーマス「確かに……『G』の書き方がそっくりだ。私宛のではなく、君宛だが……」

シリウス「おっと、ムーニー。僕への僻みを零すか感傷に浸るか、どちらかにしたほうがいいと思うね」

トンクス「……ちっこいハリー可愛いなぁ。おもちゃの箒で飛び回ってるよ」

シリウス「プロングズの目は確かだったわけだ。ハリーは素晴らしいクィディッチ選手になってるだろう?え?」

トンクス「だろうね。わたしのコメット260より下手したら豪快に飛んでるんじゃないかなこれ……あー、写真、って言えばさ」

シリウス「どうした? そういえばなんだか、リーマス以上に様子がおかしいが」

リーマス「私がなんだって、この犬」

トンクス「あー、あのさ。シリウスの部屋……なんというか。すっごいね」




30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 20:33:48 ID:feHace6v0


シリウス「? あぁ、なるほど。あのポスターやらのことか」

リーマス「永久粘着呪文で取れなくしている、壁一面のあれのことだね」

トンクス「まぁ、グリフィンドールの横断幕はほら、この家の人たちに反抗したかったんだろうなぁ、って分かるよ?」

シリウス「ジェームズが運ぶのを手伝ってくれた。私がジェームズの家にキャンプしにいく日などは一晩中雄たけびをあげるよう細工してね」

トンクス「あとまぁ、オートバイの写真がたくさん」

リーマス「一時期とても嵌っていたなぁ、君は。魔法省の許可なく飛行する乗り物を作るんだ、と」

シリウス「魔法省の許可?そんなものは我ら魔法いたずら仕掛け人にとっては紙クズも同然だ、そうだろう?」

トンクス「そ、それでさぁ。あと一枚……あの」

シリウス「あぁ、あれだろう?マグルの女性の、グラビアポスター」

リーマス「バカをしたなぁ君も」

トンクス「///」




31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 20:39:43 ID:feHace6v0


シリウス「なんだその反応は。初心な小娘でもあるまいし」

トンクス「う、うるさいな!なんであんなもの貼ってるの!?」

シリウス「それは、もう。お優しいお母上なんかをこの上なく上機嫌にさせるためさ」

リーマス「あー、ブラック家の品位だかなんだかをコケにするには十分だろうね、うん。グラビア、マグル」

シリウス「あぁ、それに目の保養にもなる。今となってはどうでもいいが」

トンクス「め、目の……///」

シリウス「そういう時に役にたつワームテールが選んだ雑誌で一番いいのをな。僕の部屋に貼るものだというのに、みんなノリノリだったものだ」

トンクス「みんな、って。り、リーマスも?リーマスも、そういうの……」

リーマス「トンクス、言ってはなんだがね。思春期の青年でそういうものに興味がないというのは、はっきり言って異常だよ」

トンクス「そ……そう、ですか。はい///」




32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 20:44:44 ID:feHace6v0


シリウス「いやぁ、惚れた腫れたの話題には乗ってくれないリーマスがいける口でジェームズは喜んだものだったなぁ」

リーマス「君たちほどあけっぴろげではないがね、私は」

トンクス「……」

シリウス「まぁあの眼鏡はどれがいい、と言っても大体赤毛の女ばかりで聞いても面白みはなかったが」

リーマス「分かりやすかったね、あぁ」

シリウス「そういえば君もその傾向にあったのではないか?え?」

リーマス「犬にされたくなければ黙っていろと言わせてもらうよ、パッドフット」

シリウス「……はい。うん?トンクス、どうした?」

トンクス「うぇ!?あ、あー、あっはは!ちょ、ちょーっとボーっとして。はは。寝不足かなー」

リーマス「平気かい? 今朝まで任務だったんだろう? 客間で休んできたらどうだい」

トンクス「そ、そうするよ。ハリーに手紙出してから……そ、そんじゃね」

バタンッ




33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 20:50:42 ID:feHace6v0


客間

トンクス「お、おっどろいたなぁ……リーマスも、ああいうこと話すんだ」

トンクス「そ、そりゃそうだよね。リーマスも男の人だもんね」

トンクス「男の人……あの、グラビア?の人……結構、その……む、胸……」

トンクス「……あれを選んだところには、リーマスもいた、って言った、よね。うん」

トンクス「……」

グググググッ

トンクス「こ、このくらい、だったかな」




34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 20:55:01 ID:feHace6v0


トンクス「う、うっわ。重い」

トンクス「何度か変装で、増やした事はあったけど。ここまでのは……こ、こんなのがいいの!?肩凝るだけじゃない!?」

トンクス「それで……あー、顔、顔かぁ……」

トンクス「……」

トンクス「そうだ」

トンクス「特に、特に意味は、ほら。全然無いけどさ」

トンクス「……顔を、私の元々のにしてー、っと」

トンクス「それで……な、なんとなーく、だけど」

トンクス「い、一部をリーマスに似せて、みたりとかしたら……ど、どんな感じかなー」

トンクス「……なんとなーく!なんとなーくだけどね!折角の七変化の能力だもん!お遊びで!いつもの!ハッ、フッ、ヘ!だわ!!」




36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 20:59:05 ID:feHace6v0


トンクス「……うわぁ」

トンクス「口元はわたし、目もとはリーマス……輪郭も、んで、耳はわたし」

トンクス「な、なんか、これって……これってさぁ///」

コンコンッ

ガチャッ

トンクス「!?」

シリウス「トンクス、平気か? リーマスがホットチョコレートを作ってくれたが…………」

トンクス「あ……」

シリウス「……」

トンクス「チ、ちがうんだよ、これはね、あのさ……!!!」

シリウス「……あまり日頃から遊んでいると、マッド-アイに怒られるぞ?それとも訓練代わりかい?え?」

トンクス「そ、そう!そうなんだ、うん!  ホッ、あぁ、鈍感な人で、よかった――」

シリウス「それで」

シリウス「君とリーマスの子供なら、の訓練だがね。私はもう少し目を君よりにしたほうがいいと思うが?ん?」

トンクス「ンなっ!?!?なっ、はぁ!?!?なに、何いって、こ、このおっさん!!に、ニマニマすんなぁあ!!!」




37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 21:06:56 ID:feHace6v0


シリウス「おー、怒った顔はアンドロメダの面影もあるな、うんうん、中々、っく」

トンクス「わら、笑うなってば!!笑わないでよちょ、こ、この!!!」

シリウス「名付けは私に任せてほしい。そうだな、シューティングスターちゃんはどうだ?っく、そうすれば君のその儚げな願いも、っぷ、叶うかもしれない」

トンクス「この、この!!頭をたれなさい、この食肉目!!!!!」

ギャーーギャーーー!ワンワンギャーギャーキャインキャイン!!


リーマス「……今日も騎士団は平和だなぁ」



ハーマイオニー「ホグワーツの歴史をしっかり暗記してハリーの力になれるのは私だけだわ!」

ロン「僕はチェスが強い!ナイトにだってなれる!ハリーだけじゃなくって、守るため……ま、マーリンの髭!髭!」

ハリー「……もう何も言わないよ、リーマス」

今度こそ、完




39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 21:09:26 ID:feHace6v0


脱線しすぎぃ
ラドクリフお大事に
じゃあの!


 ハリー・ポッターシリーズ

 一巻~七巻

 世界的大ヒット発売中!

 ハリポタ祭り第一週 『ハリー・ポッターと賢者の石』

 日本テレビ系列 金曜ロードSHOW! にて今週放送!!




41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 21:14:57 ID:ONOfpJGt0







42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 21:17:36 ID:KtU+1JAh0


乙乙!






別作品
ハリー「頭が割れる…先生、これは…」ダンブルドア「群発頭痛じゃ」
ロン「僕とハーマイオニーが落っこちそうだとするよ?」ハリー「…うん?」 
ハリー「イメチェンしたいんだ」ロン「…うん?」ハーマイオニー「え?」 
ハーマイオニー「ハリーが女の子になってしまったわ」ロン「」 
ハリー「もてたいんだ」ロン「……その喧嘩、1シックルで足りるかい?」 
ハーマイオニー「すき……よ、ハリー」ハリー「あぁ、僕も……」ロン「」
ハリー「安価でホグワーツの女の子と付き合おう」
ハリー「宿題で潰れる休日」ロン「全く、ホグワーツってステキだよな」
ハーマイオニー「ハリーと喧嘩?」ロン「キャノンズ優勝まで顔も見たくないね」
シリウス「ハリーとの将来のためにマグル社会の勉強をしよう」 
シリウス「ハリーのために、私達ができることはなんだ?」
ドラコ「『ポッターにチョコを渡してこマらせルフォイ大作戦』だ!」



関連作品

第一巻『ハリー・ポッターと賢者の石』相当
ハニー・ポッター「私が、魔法使い?」 
ハニー・ポッター「賢者の石、ですって?」
ハニー・ポッター「賢者の石は、どうなったのかしら」

第二巻
ハリー・ポッターと秘密の部屋』相当
ハニー・ポッター「秘密の部屋?なぁに、それ」 
ハニー・ポッター「スリザリンの継承者?なんなの、それ」

第三巻『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』相当
ハニー・ポッター「脱獄囚の、シリウス・ブラック?」
ハニー・ポッター「『エクスペクト・パトローナム!』」
ハニー・ポッター「『守護霊よ、来たれ!』」

第四巻『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』相当
ハニー・ポッター「勝つのは私、そうでしょ?」
ハニー・ポッター「何がこようと、受けて立つわ」 
ハニー・ポッター「いつか必ず、来るものは来るのよ」 
ハニー・ポッター「来るものは来る、来た時に受けてたてばいいのよ。勝つのは、私よ」 

第五巻ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』相当
ハニー・ポッター「騎士団、いいえ。私の豚団ね、そうでしょ?」  【前編】【後編
ハニー・ポッター「『私は、嘘をついてはいけない』……?」  【前編】【後編
ハニー・ポッター「誰一人だって、欠けさせないわ」  【前編】【後編
ハニー・ポッター「進まなきゃ、前に。そうでしょ?」  【前編】【後編

第六巻『ハリー・ポッターと謎のプリンス』相当
ハニー・ポッター「プリンス、だなんて。なんなのかしら」
ハニー・ポッター「暴いてみせるわ、マルフォイの企み」
ハニー・ポッター「どうして、スネイプなんかを……」 【前編】【後編

ハニー・ポッター「アルバス・ダンブルドアと、わたし」


第七巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』相当
ハニー・ポッター「分霊箱を、探す旅」 【前編】【後編
ハニー・ポッター「死の、秘宝……?」
ハニー・ポッター「最後(いやはて)の、敵なる死だって……越えてみせる!」【完結】





第三世界図書館 新着S S 5 0