1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/26(月) 14:17:31.13 ID:sDjI5Gci0


春「冬。冬冬。待って待って」
秋「・・・夏、こっち見て」
冬「秋に手が届きません」
夏「どんな四角関係なんだ」
春「ああああ冬っ」
夏「春は冬ばかり見ている」
秋「堂々巡り・・・でも・・・夏」
冬「追っても追っても捕まらないんですね」





3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/26(月) 15:07:30.28 ID:sDjI5Gci0


夏「春」
春「冬っ冬っ!あれ、もういないの私がいるのに」
夏「春の声は冬には届かない」
春「私がいるからいないの?ねえ冬。ねえねえ」
秋「夏の声も・・・」

秋「・・・そして僕も、同じ」




6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/26(月) 15:15:46.04 ID:sDjI5Gci0


夏「そろそろ俺の季節。初夏は春に会える唯一」

春「冬が短い。温暖化なんてなくなればいいのに。冬!冬!」
冬「この時期は秋が薄いです。わたしが秋に会えるのはまだまだ先、ですか」
秋「夏・・・元気かな・・・元気かな・・・」

夏「少しでいいから俺を見て、春」
春「冬に会いたい。会いたい会いたい」
冬「秋は夏しか見ませんね、いつも。わたしは、冬ですからね」
秋「夏・・・夏・・・」




9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/26(月) 15:30:26.80 ID:sDjI5Gci0


冬「秋」
秋「・・・夏」
冬「届いてませんね、わたしの声なんか」

夏「春はどこだ。春」

秋「ああ・・・夏・・・春より僕を・・・」
冬「秋の世界は夏しかないんですから・・・そしてわたしも」




11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/26(月) 15:37:01.42 ID:sDjI5Gci0


春「どうしてなのどうしてなの。なんで冬は秋を見てるの?私を見てよ冬、ねえねえ」
夏「自然の摂理だから仕方ない」
春「冬。冬。冬冬冬冬冬」
夏「冬はまだ半年来ない」
春「どうして夏なんて来るの。冬は?冬は?」
夏「春が俺を呼んだ」




15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/26(月) 15:42:01.05 ID:sDjI5Gci0


夏「春、綺麗だ」
秋「・・・夏・・・夏・・・僕も見てよ・・・」
夏「いつまでも春ならいいのに」
秋「それなら夏が来ないから・・・」
夏「ずっと春ならすごくいい」
秋「ずっと夏なら・・・夏なら・・・」




19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/26(月) 15:46:57.68 ID:sDjI5Gci0


秋「・・・夏。夏の季節だ・・・うれしい」
冬「冬はお嫌いですか、秋」
秋「僕も夏なら良かったのに・・・」
冬「秋はそのままが一番いいです」
秋「それなら・・・ずっと一緒なのに・・・」
冬「わたしの声、聞こえてますか」
秋「夏・・・」
冬「わたしは秋の声、聞こえてますよ」




25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/26(月) 15:56:14.43 ID:sDjI5Gci0


冬「秋がわたしを見てくれません」
春「私は見てるよ、冬」
冬「早く秋が来ないでしょうか。楽しみです、とても」
春「終わったばかりでごめんね。ねえ冬、私を見て」
冬「秋はなんて綺麗なんでしょう」
春「秋が羨ましい。秋になりたい。冬。冬冬冬・・・」
冬「秋がもっと長ければいいんですけど」
春「どうして冬は秋しか見てないのよ。私は冬しか見てないのに」




36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/26(月) 16:03:59.19 ID:sDjI5Gci0


春「私はどうしてこんなに冬を追ってるの?」
夏「なんで俺は春がいいんだ」
秋「・・・僕、どうして夏が・・・」
冬「秋を見てしまうのはどうしてなんでしょう、わたし」

春「わからない。全然わからない。でも、あぁあ、冬がいいの」
夏「春だから、いいのか」
秋「・・・夏が夏のままで・・・それだけで僕は・・・」
冬「秋ほ追うのに、理由なんて」




44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/26(月) 16:06:45.12 ID:sDjI5Gci0


春「そういえば私と冬以外は何があるんだろう」
夏「春が俺に興味を」
春「冬と私を切り離す何かなんて、なくなればいいのに」
夏「それなら春が見れなくなるから」
春「冬。あああああ冬。冬冬冬」
夏「でも、ごめん」




47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/26(月) 16:08:47.65 ID:sDjI5Gci0


夏「俺と春以外」
秋「とうとう・・・夏が僕に、気付いて」
夏「俺と春以外なんて、いらないのに」
秋「夏がそう言っても・・・仕方ないから、これは・・・」
夏「春、綺麗だ」
秋「・・・ごめんね」




51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/26(月) 16:11:29.21 ID:sDjI5Gci0


秋「僕と夏以外なんて・・・全然知らない・・・」
冬「わたしです。わたしですよ秋」
秋「ずっと・・・僕と夏だけなら・・・」
冬「後ろでいいので、側に居させて下さい」
秋「・・・夏以外は・・・どうでも」
冬「すみません、秋・・・」




56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/26(月) 16:16:44.74 ID:sDjI5Gci0


冬「わたしと秋以外の、何か」
春「冬。私よ、春よ。春、ねえ冬・・・」
冬「それがなければ、何か変ったんでしょうか」
春「いいの、いいの見るだけで。だからそんなこと言わないで冬」
冬「秋は今何をしてるんでしょう」
春「でも、ごめん。ごめんね」




61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/26(月) 16:25:17.84 ID:sDjI5Gci0


春「いい天気・・・ねえ冬?ね?」
冬「本当にいい天気ですね、秋」
秋「・・・いい天気だと思わない?夏・・・」
夏「いい天気だ、春の言うとおり」




64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/26(月) 16:29:04.89 ID:sDjI5Gci0


春「いつも冬が見てる秋って何よ。なんなのよ」
夏「春は秋とは絶対に会えない」
秋「・・・僕は、夏が見てる春には、絶対に会えない」
冬「夏がとても羨ましいんです、わたしは」
春「どうして私は冬には追いつけないのよ」
夏「俺が春に追いつけないのと、同じ」




71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/26(月) 16:39:52.03 ID:sDjI5Gci0


秋「・・・夏の匂いがする・・・打ち水と、熱気の」
夏「本当に春が終わってしまった」
秋「夏が哀しんでるけど・・・ごめんなさい、僕はとても嬉しい」




73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/26(月) 16:45:09.86 ID:sDjI5Gci0


冬「地球が反対に回ればいいんですよね」
春「どうしたの冬。なぁに、なぁに、何の話?」
冬「そうしたら秋が私を見て下さるはずですのに」
春「素敵!冬が私を見るのね、素敵。冬が私を」
冬「でもそれでもきっと、私は秋を見てしまうでしょうね」
春「どうしてなの冬っ。冬、私を見てよ・・・」
冬「だからきっと、何も変わらないんでしょうけれど」
春「でも私も冬しか見ないと思うから、あああ、仕方ないのよ。それは。ねえ冬」

冬「でもほんの少しだけ・・・秋がこちらを向いてくだされば、それはとても」




76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/26(月) 16:50:41.48 ID:sDjI5Gci0


夏「秋」
秋「・・・夏が、僕を」
夏「秋」
秋「夏・・・夏・・・」

秋「なんて、あるはずないのに・・・変なこと考えてるな・・・」

夏「春。どこにいるんだ」

秋「・・・なんて、あるはずないのに」




83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/26(月) 17:00:10.38 ID:sDjI5Gci0


春「冬冬冬冬早く来て冬。会いたい会いたい会いたい」
夏「俺ならここにいるのに」
春「どうして冬がいないの。冬。私はここよ」
夏「俺はここ」
秋「・・・僕は・・・ここ」
冬「いつまで続ければいいのでしょう。でも、追ってしまうのです。秋を」
秋「叶って欲しいと・・・何度願えば・・・」

春「冬。冬っ」
夏「春」
秋「・・・夏。夏・・・」
冬「ああ、秋」




92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/26(月) 17:15:22.55 ID:sDjI5Gci0


秋「・・・いつまでたっても・・・夏には手が届かない」
春「冬が私を見る事はないのね。絶対ないのね。冬、冬・・・でも私は冬が」
夏「春に追いつきたい」
冬「せめて秋がわたしを認識だけでもして下されば、いいですのに」

春「冬以外何もいらないのに。会えない、会えない、冬に」
夏「春さえいれば後は何もいらないのに」
秋「夏は・・・今、元気かな・・・」
冬「秋のことばかり考えてしまうわたしって、本当にどうしようもないですね」




95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/26(月) 17:22:24.64 ID:sDjI5Gci0


春「なのに私は冬しか見ないなんて、なんて不毛。でも冬がいい冬じゃなきゃ」
夏「叶わなくても、春がいるだけで」
秋「夏が幸せなら・・・僕はそれで」
冬「本当にわたしは秋しかいなくて、仕方ない・・・です」

春「早く冬になればいいのに」
夏「春が来るまで待ちきれない」
秋「もうすぐ夏・・・ずっと過ぎなきゃいい・・・」
冬「ただ秋を心待ちに。ずっとずっと、このままだろうと」








102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/26(月) 17:34:00.03 ID:kMBAca8QO


乙! 凄く良かったよー!




104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/26(月) 17:43:24.63 ID:7ouLJ1gWO


良かったよ。おつ







第三世界図書館 新着S S 5 0