1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/27(火) 20:00:39.84 ID:+B1rGX9e0


P「・・・・・・・つかれた」




ムック「最近Pの親分、元気ないっすね」

コニー「何かあったのかなー」

ガチャ「う~ん、何も無かったと思うんだけどな~」




引用元:P「・・・・・・・・・・はぁ・・」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/27(火) 20:07:20.85 ID:+B1rGX9e0


P「・・・・・・・・・・・・」



むっく「どうせアレじゃないすか?また女からみじゃないですか?」

こにー「あー、橘お姉さん孕ませたっていううわさありましたもんねー」

がちゃ「まじでwwwwwすごくねwwwwwPさんすごくねwwwww」




7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/27(火) 20:09:18.79 ID:+B1rGX9e0


P「・・・・・・・・・・・・・・・」



ムック「そういや最近アルファベッツのRのヤローが調子こいてたせいかもな」

コニー「たしかにPさんとキャラ被ってるもんね~」

ガチャ「おいwwwヤベーヨwwwwんなこといったらPさんに消されっぞwwwww」




8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/27(火) 20:11:43.04 ID:+B1rGX9e0


P「・・・・・・・・・・・・・・おい、お前ら」


3人「!!!!!!!!」


P「人が黙ってりゃ好き勝手言いやがって・・・ふざけてんじゃねぇぞ!!!」


ガチャ「あ・・・・いや・・・・その・・・俺は悪くないッすよ!ムックとコニーが!!」

P「黙れ!!!」

三人「ひいい!!」


P「お前らに俺の気持ちが分かるのか?来る日も来る日も台本にはパ行しか台詞ねぇしよぉ!!15年間パ行しかしゃべってねぇんだぞ!!!
 このつらさがお前らにわかるのかよぉ!!!!!」




11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/27(火) 20:16:55.59 ID:+B1rGX9e0


P「おれだって他の事しゃべりてぇよ!世の中の子供達に、いろんな言葉を伝えてぇよ!!なのに・・・なんで・・なんでしゃべらせてくれないんだよ・・・・」

がちゃ「それはPさんがそういうキャラだからじゃ・・・・・」

P「ああ!?なんつった!?」

がちゃ「いえ・・・なにも・・・・」

P「キャラ・・・・だと・・・・?じゃあナンだよ、そういうキャラだったらそれしかしゃべれないのかよ!!ふざけんなよ!!
 お前はいいよなぁ?いろんなところにいってさ、いろんなことしてさ、いろんな体験して楽しく仕事してるんだろ?
 でもな、俺はここにきてただ『ぴぃ!ぴぴぴぃ!!』とかいってるだけだぞ?この気持ちがお前らにわかるかよぉ!!!」




18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/27(火) 20:29:20.84 ID:+B1rGX9e0


Pがガチャピンにつかみかかろうとする

ムック「やめてくださいPさん!!!」

コニー「ちょっと落ち着いてよ!!」

二人が、Pの穴に手をいれ、押さえつける

P「やめろ!!!離せ!!!おれの手足の長さを考えろ!!!」

Pが二人に抵抗しようとして、短い手足をバタバタさせ始めた


ガチャ「二人とも離してやれよ、」

ガチャピンの落ち着いた声が、その場に響いた




20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/27(火) 20:34:48.83 ID:+B1rGX9e0


その声に、みんな急に静かになった

がちゃ「Pさん・・・あんた・・・何もわかっちゃいねぇよ・・・」

ガチャピオンがその口をゆっくりと開いた

ガチャ「確かにあんたの台詞はパ行だけだ、それはまごうことなき事実、でもな、そういうキャラだとか、表現が足りないとか、手足が短いとか、そんなことよりもっと大事なことをわすれてるぜ?」

そこで一度ふぅーっと息をつくがちゃぴん

がちゃ「それはな、子供達に元気を与えようっていう心だ、子供達が悲しいとき、辛いとき、げんきにピィピィ叫ぶアンタを見て、元気が沸くんじゃないか?
    ああ、こんなに面白いキャラクターがいる!こんなに楽しい番組がある!それで十分じゃないのか?
    俺達はじかに子供達の反応を見ることは出来ねぇ、でもな、15年もそれが通ってきたってことは、アンタは確かに子供達のアイドルだった、そういうことじゃないのか?」


ガチャピンの声が、Pの心に響いたのか、Pの目から一筋の涙がこぼれた




22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/27(火) 20:39:43.71 ID:+B1rGX9e0


ガチャ「あんた・・・・それでもまだ・・・台詞が不服だっていうのかい?その主張を続けるなら、アンタはもうこの番組降りな、そのほうがいい
     そんな煤けた根性じゃ、子供達に勇気と元気と夢と楽しさを与えることなんか出来やしない・・・どうなんだい?」

P「そうだ・・・・俺は・・・・俺は・・・・」

P「初めてこの役を貰ったとき・・・嬉しかった、やる気に満ち溢れてた・・・・子供達に元気を与えようと・・・・そういう心でやってきた・・・・
 なのに・・・なのに・・・俺は・・・・今の俺は・・・・・・・どうしようもねぇクズだったな・・・・・
 初心を忘れ・・・愚痴しかいえない・・・・・クズで虫けらな最低のアルファベッツだぜ・・・・・」

ムック「・・・・・・・・・・Pさん・・・」

P「なぁ・・・ガチャピン・・・・俺を殴ってくれないか?・・・・思いっきりでいい・・・思いっきり殴ってくれ・・・・」

ガチャ「・・・・・わかりました」

ガチャピンのモコモコの手が、Pの角にぶち当たった




24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/27(火) 20:42:34.44 ID:+B1rGX9e0


ガチャ「・・・・・・・・・っ!!!!」

P「ぐはっ・・・・・・・・さすがに・・・・効くな・・・・」

ヨロヨロとしながらいうPの目には、今までとは違い、生気が篭った、生きた目をしていた


P「だが・・・おかげで目が覚めた・・・・・ありがとな・・・ガチャピン・・・・」


ガチャ「へへっ・・・・・どういたしまして・・・・・なんていうと思ったかゴルァ!!!!!」

P「・・・・おい、どうした・・・何をそんなに怒っている!!」




25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/27(火) 20:47:48.32 ID:+B1rGX9e0


ガチャ「てめぇ!!俺より後輩の癖に何いきがってんだ!!ぶっ殺すぞ!!
    だいたい今のパンチで俺のモッコモコのこぶしが傷ついたんだよぉ!!
    何だよその角ばった形はよぉ!!!触るものみな傷つけてんじゃねぇぞゴルァ!!
    どうやって責任取るんだ!?あぁ!?」

P「・・・・・・あ、はい・・・・すいません・・・・」

ガチャ「てめぇの角全部そぎ落としてPからOにしてやろうか?あっぁん?」

P「それだけは!!それだけは!!!」

ムック「ガチャピン落ち着くザンスよ!!」

ガチャ「赤くてキモイタワシは黙ってろヴォケ!」

コニー「ちょっと!ガチャピンどうしたの!?」

ガチャ「アバズレ女は帰って糞してねてな!!そんで『コニーでしゅwww』とかいってりゃいいんだよ!!」




コニー「コニーでしゅwwwwこうですか、わかりません><」




26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/05/27(火) 20:49:53.27 ID:+B1rGX9e0


ムック「ホントに様子がおかしいザンスよ!!」

あれ・・・?急にガチャピンの様子が・・・・・

ガチャ「うおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」


おめでとう!ガチャピンは野田 昌宏に進化した


野田「ふぅ・・・まったく・・・君たちは少し落ち着きが足りないよ・・・・」











第三世界図書館 新着S S 5 0