1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 01:19:45.99 ID:J+a1CwoJ0



「滞在期間は三日でよろしいですか?」

キノ「はい、手続きの方お願いします」

「承りました。あ、旅人さん、もうお知りになっているかもしれませんが
 この国は男性だけです。女性は存在しません」

キノ「え、この国は男性の方しかいないんですか?」

「はい。この国の古くからの習わしです。出産を控えた女性は隣国の『女だけの国』と
 この国の境にある病院に搬送され、産まれてから直ちに住み分けがなされるのです」

キノ「なるほど、とにかくこの国は男性の方しか入国できないということなんですね」

「はい、ですから旅人さんは大歓迎ですよ」

キノ「男性の方しか入国できないんですよね?」

「はい、男性ならではの娯楽も盛りだくさんなので、旅人さんも楽しんでいってくださいね。」

エルメス「キノはこの国に入れるんだってさ」

キノ「・・・」




引用元:キノ「男だけの国?」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 01:20:23.01 ID:J+a1CwoJ0


エルメス「男だけの国だけあってみんな人目を気にしてないね」

キノ「……」

エルメス「あ、あそこの人とかほとんど裸だよ!」

キノ「……」

エルメス「ねえキノってば!どうしたの、ほら見てごらんよ!」

キノ「……」

エルメス「あ、もしかしてキノ、男の裸みるn キノ「うるさい」




3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 01:21:01.41 ID:J+a1CwoJ0


エルメス「なんだぁ、恥ずかしいならそういえばいいのにキノは素直じゃないなぁ」

キノ「だからうるさい」

エルメス「痛っ、痛いよやめてよキノったら」

エルメス「ま、キノのその辺は普通の女の子なんだねえ」

キノ「……」

エルメス「無言でミラーに力を加えるのはやめてほしいな!」




6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 01:22:34.98 ID:J+a1CwoJ0


エルメス「あ、さっきの人がこっちに来たよ」

半裸の男「おや、旅人さんかい!ようこそ男だけの国へ!」

キノ「……!」

エルメス「あらら」

半裸「ああ、こんな格好で失礼!男しかいないからついつい気を抜いちまうんだ!ガハハ!」

キノ「……そうですか」

エルメス「おっちゃん威勢がいいね」

半裸「おおこのモトラド喋るのか珍しい旅人さん達だな!」

半裸「しかし旅人さん、随分と細いなぁ。まるで女みたいだな!」

キノ「……!」




7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 01:27:13.20 ID:J+a1CwoJ0


半裸「まあ、女がこの国に入れるわけないしありえないか!」

エルメス「女の人は一切入れないの?」

半裸「おう、入国審査の時に女は弾かれるからな!」

半裸「旅人さんは細いけど乳ねえし女なわけないか!ガハハ!」

キノ「……」

エルメス「……プークスクス」

キノ「……それでは僕たちは行きますね」

半裸「おう、男だけの国満喫してくれよな!」

キノ「それじゃあ」

エルメス「じゃあねおっちゃん」




10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 01:29:00.53 ID:J+a1CwoJ0


ここから練り直した話になります



キノ「とりあえず今日の宿を探そう」

エルメス「そろそろオイルの交換もしてほしいな」

キノ「前交換してから結構経ってるね。丁度そこに店があるし寄って行こう」

店主「いらっしゃい、みない顔だな。もしかして旅人さんかい?」

キノ「ええ、さっき入国したところです」

店主「変わった国だろう?なんたって男しかいないんだから」

エルメス「うん、びっくりした」

店主「おお、このモトラド喋るのかい!」

キノ「はい、これのオイルを探してるんですけど」

エルメス「いいやつをお願いね!」

キノ「こらエルメス、図々しい」




11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 01:29:29.10 ID:J+a1CwoJ0


店主「ハハハ。運がいいね、昨日いいのが入ったんだ」

エルメス「やったね」

キノ「それじゃあ、それ2回分ほど売ってください」

店主「あいよ!こっちで入れていくかい?」

キノ「いえ、後でメンテナンスも兼ねて自分で入れることにします」

店主「そんじゃ、このボトルに入れておくよ。ほい」

キノ「よいしょっと。ありがとうございます」

店主「……ん?あんた、なんだか……」

キノ「?」

店主「いや、気のせいだろう。」

店主「よい滞在を!」

キノ「ええ、それじゃあ」

エルメス「ばいばーい」




13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 01:31:29.47 ID:J+a1CwoJ0


エルメス「どうしたんだろうね、あのおっちゃん」

キノ「さあ。なにか不安そうな顔をしてたけど」

キノ「それよりもお腹減った。早く宿を見つけよう」

エルメス「キノは食べ物のことばっかりなんだからー。太るよ?」

キノ「やっぱりオイル換えるのやめようか」

エルメス「うそうそ!冗談だってば!」

エルメス「かわいい子には肉を食わせろっていうでしょ」

キノ「もしかして、かわいい子には旅をさせよ?」

エルメス「そうそうそれそれ」

キノ「全然意味違うし……」




15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 01:36:17.82 ID:J+a1CwoJ0


キノ「ええ、ここも満室なんですか?」

宿屋「そうなんですよ、申し訳ない」

キノ「他に空いているとこってないんですか?」

宿屋「多分、他をあたっても満室だと思います。祭りが近いんですよ」

キノ「祭り?」

宿屋「ええ、隣の『女だけの国』はご存知で?」

キノ「はい、入国の時聞きました」

宿屋「2日後に、その女だけの国からこの国に女達がやってくるんですよ」

キノ「そんなお祭りがあるんですか」

宿屋「はい、年に一度だけ男と女が会える日があって、1年おきに交互に行ったりきたりするんです」

宿屋「去年は、私達男が女だけの国へ行きました」




20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 01:39:45.06 ID:J+a1CwoJ0


キノ「へえ、それは盛り上がるでしょうね」

宿屋「ええ、ですから女たちがやってくるこの中心街には、この時期になると地方から男たちがわんさかやってきて」

宿屋「どこの宿屋も満室になってしまうんですよ」

キノ「なるほど、ということはどこに行っても同じような感じと」

キノ「どんな条件でも屋根さえあればいいんですけど、ありませんか」

宿屋「うーん、あるにはあるんですけどちょっと……」




23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 01:44:29.62 ID:J+a1CwoJ0


キノ「なにかいわく付きとかですか」

宿屋「部屋がボロくて共同部屋なんですよ。疲れてる旅人さんには少し騒がしいかと」

キノ「共同か……。でもそこしかないんですよね?」

宿屋「ええ、おそらく……」

キノ「それなら、そこにします。場所を教えてもらえますか」

宿屋「わかりました。ここから少し行ったところを右に曲がると、少し日当たりの悪い路地裏に出ます」

宿屋「そこをもう少し行くと宿屋が見えると思います」

キノ「わかりました、ありがとうございます」

宿屋「ちょっと危ない地域なんですが、旅人さんなら大丈夫でしょう」

キノ「ええ、危ないのは慣れてますんで」

キノ「それじゃあ」




26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 01:50:33.56 ID:J+a1CwoJ0


エルメス「あ、キノ。どうだった?」

キノ「一応寝るところは見つかったよ」

エルメス「よかったね。でもその割には浮かない顔だけど」

キノ「ふかふかのベッドが……」

エルメス「ボロ宿なの?」

キノ「共同だって」

エルメス「ええ!大丈夫なのキノ?」

キノ「なにが?」




28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 01:55:55.69 ID:J+a1CwoJ0


エルメス「うわあ、なんか暗いところにあるねえ」

キノ「聞いてはいたけど、これは部屋の中も期待できなさそうだ……」

キノ「それじゃあ、空きがあるか聞いてくるよ」

エルメス「うん、いってらっしゃい」




35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 02:05:11.70 ID:J+a1CwoJ0



オヤジ「おう空いてるぜ!何泊するんだ?」

キノ「三日後には発つので、2泊でお願いします」

オヤジ「そんじゃあ料金は前払いでこれくらいだ!」

キノ「そんなに安いんですか」

オヤジ「そりゃあ、こんな辺鄙な場所にある上に汚ねえからな」

オヤジ「これくらいじゃなきゃ客が来やしねえ」

キノ「なるほど、それじゃあこれで」

オヤジ「お、ちょうど貰うぜ!部屋はそこの角のやつだ。ベッドは空いてるのだったら好きなやつを使ってくれ!」

オヤジ「ああ、荷物は常に持ち歩いていたほうがいいぜ。この宿は盗みとかもよくあるしな!ガハハ!」

キノ「……わかりました」




38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 02:09:08.88 ID:J+a1CwoJ0


キノ「ただいま。今日はお腹いっぱい食べられそうだ」

エルメス「お金でも拾ったの?」

キノ「違うよ、宿泊代が物凄く安かったんだ。1泊で携帯食料と同じくらいさ」

エルメス「それはすごいね!あーそれならオイルももっといいの買ってほしかったなぁ」

キノ「あの時はそんなこと知らなかったんだし、仕方がない」

エルメス「キノばっかりずるい」

キノ「久しぶりにおいしいものが食べられるなぁ、何を食べよう……」

エルメス「ちょっとキノ聞いてる?ねえ、キノってばー!」




39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 02:16:32.10 ID:J+a1CwoJ0


キノ「お腹いっぱいだ」

エルメス「すごい食べっぷりだったね」

キノ「こんなに食べたのは久しぶりだな。幸せだ」

エルメス「それじゃあ今度は僕のオイルの番だよ」

キノ「わかったわかった、ふわぁ~~~……ん?」

若い男「おや?キノ様ではないですか」

キノ「ええっと、確か入国審査の時の……」




40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 02:19:18.07 ID:J+a1CwoJ0


議員「はい、この国の議員をしております」

キノ「そうなんですか、どうも」

議員「キノ様、どうですかこの国は?」

キノ「活気があっていいですね。それにご飯もおいしい」

議員「ふふふ、それはなによりです」

議員「ちょうどキノ様が滞在されている間にお祭りも開催されますので、ぜひ楽しんでいかれて下さい」

キノ「はい、楽しみにしています」

議員「それでは、よいご滞在を」

キノ「それじゃあ」




41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 02:21:45.12 ID:J+a1CwoJ0


キノ「さて、宿に着いたしもう寝ようかな」

エルメス「ええ、僕のオイルは?」

キノ「明日朝起きてからやるよ」

エルメス「ええー!だいたいキノはさぁ……」

キノ「はいはいわかったおやすみ」

エルメス「ちょっとキノってば!」

バタン

エルメス「まったく……」




46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 02:26:16.76 ID:J+a1CwoJ0


キノ(シャワーは人がいるみたいだし、今日はさっさと寝て朝早くに浴びよう)

ドサッ……

スー……スー……スー……

男1「お?なんだこいつ荷物もほっぽり出して寝てるぜ」

男2「無用心だなぁ。こんなによく寝てたら盗ってもバレねえんじゃねえの?」

男1「んだな、盗っちまうか……」

男2「ああ、無防備に寝てるのが悪いんだ」

男1&2「うひひ……」




51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 02:35:54.86 ID:J+a1CwoJ0


男1「なんだよ、大したもん入ってねえじゃん」

男2「しけてんなぁ。お、もしかして服の中に隠し持ってるんじゃねえの?」

男1「おまえ天才だな!さっさと剥いじまおうぜ!」

男2「声でけえよ……!起きたらどうするんだ」

男1「ああ、悪い」

男2「それに盗ってる間に目覚まされたら困る。おまえアレ持ってるか?」

男1「アレ?なんだよアレって?」

男2「アレっつったらアレだよ。あのよく効くさあ……」

男1「おう、あれか。持ってるぜ。」

男2「お、準備いいねえ。そんじゃ早速これを嗅がせてっと……」




53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 02:40:45.29 ID:J+a1CwoJ0


キノ(……ん?なにかモゾモゾする……?)

キノ(……!!!なんだこいつら……!!)

キノ「っ……ぅぁ……」

男1「やっべ!こいつ目覚ましやがった!」

男2「落ち着け。薬がちゃんと聞いてるみたいだ。」

キノ(声が出ない……それに体もうまく動かせない……)

キノ「あ……な……んだ……おま……」

男1「ひひひ、動きたくても動けねえよなぁ……」




58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 02:46:44.38 ID:J+a1CwoJ0


男2「俺らが仕事をするときに使う薬だからな。普通の人間ならしばらく動けないだろうよ」

男2「ほら、ちゃっちゃと服脱がせろよ。薬だっていつまでも効くわけじゃねえんだ」

男1「お、おう。どれどこに金隠してんだぁ……?」

男1「だー!めんどくせえ切っちまえ!」ザクザク

男2「おめえ手荒だな……ん?」

男1「これどういうことだ……?」

男1&2「おん……な……?」




59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 02:47:36.61 ID:J+a1CwoJ0


男1「女だーーーーーーーーーーーーーーー!!!」

男2「お、おい馬鹿!大声出すんじゃねえ!!」

宿泊客達「……女だと」   「女だってよ」

       「なんで女?」  「どこだよ!女はどこだああ!!」

男2「やべえぞ、周りの奴ら眼の色が変わってやがる」

男1「うへへへ女だあ……」

男2「こいつもかよ……早いとこトンズラしねえとやべえのに」




64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 02:57:30.41 ID:J+a1CwoJ0


男2「おい、早く行くz」パシュッ

男2「……え……?ち……?おおおおれの首が血……」ドサッ

キノ「ハァ……ハァ……」

男1「」

男1「おまえ薬が効いてるんじゃ……って俺のナイフ……!!!」

キノ「……ボクが戦い慣れてる旅人だって知らなかったのが誤算だったね」

男1「す、すまねえ命だけは助けてくれ……!」

キノ「別に人殺しをしたいわけじゃない」

男1「う、うわあああああああああああああああ」スタタタタ

キノ「ふう、危なかった」

   「おい、あいつ女らしいな」 「俺、女の裸初めて見た」
 
「襲っちまおうか」 「確かにここならバレねえ」 

    「でもあいつすげえ強かったぞ」 

「みんなでかかればなんとかなるだろ」

キノ「いや、まだ危ないままか」




93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 04:01:08.45 ID:J+a1CwoJ0


エルメス「キノのパースエイダーの音……?こんな時間にどうして」

キノ「ハァハァ……」バタン

エルメス「キノ!どうしたの!?」

キノ「話はあとだ!とりあえずすぐに出るよ!」

エルメス「まったく、キノはよくトラブルに巻き込まれるね」ブロロロロロロロ

「いたぞー!あれが女だ!」
「なんだなんだ」
「女がいるらしいぞ!」
「うひひひひ」

エルメス「なんか街がただ事じゃなくなってるみたいだけど」ブロロロロロロ

キノ「女ってバレた」

エルメス「ええっ!そういえば服破れてるけど、その……無事なの……?」ブロロロロロロ

キノ「何もされてないよ。ちょっと服を切られただけ」

エルメス「そっかよかった」ブロロロロロロ




94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 04:01:37.63 ID:J+a1CwoJ0


エルメス「これからどうするの?」

キノ「とりあえずこの国を出る」

エルメス「門閉まってるんじゃないかなぁ」

キノ「その時はその時」

―――――――――――――――――――――――――――――――

キノ「よかった、門が開いてた」

エルメス「本当だ、ふしぎだね」

キノ「……」

エルメス「どうしたのキノ?」

キノ「いや……なんでもない。不思議だね」




96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 04:02:14.23 ID:J+a1CwoJ0


議員「予定よりも早かったですね」

国王「ああ、旅人には申し訳ないがこうしてもらうのが一番なのだ」

議員「まったく心が痛みますね。せめて彼女には生きて出国をしてもらいたいものです」

国王「発案者が何を言うか、こんな陰湿な手を提案しておいて」

議員「私だって好きでこのような手を考えたわけでは」

国王「わかっておる。あの国と円満な関係を築くにはこれしかないのだ」

議員「あの国との間に問題が起きては、私たちの種は滅びてしまいますからね」

議員「危ない種はここで駆逐しておくしかない……」

国王「まったく、先代はやっかいなしくみを作ったものだ」

議員「全くです。無理やり2つに分けたせいで、そのツケが私たちに回ってきている」

議員「さて、そろそろ治安維持部隊を出動かしましょう」

国王「ちゃんと記録はしてあるのか?」

議員「ええ、街の至る所に監視を付けてあります」

議員「怪しい挙動をしたものはしっかりと記録してあります」




98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 04:04:58.88 ID:J+a1CwoJ0


国王「しかし、お前も巧いシステムを考えたものだな」

国王「わざと女の旅人を入国させておいて、男たちに襲わせようとするなど」

議員「そうすれば、私たちは一切手を汚さずに危険な男共を炙り出せますし」

議員「旅人が強ければ危険分子を殺す手間を省いてくれますし、仮に弱くて男共に暴行を受けて殺されたとしても不慮の事故として処理できる」

議員「どっちにしろ、危険な素振りを見せた男はあとで捕らえればいいわけですし」

国王「祭りのためとはいえ、やはり心が痛いな」

議員「この国の男たちは、女に抗体がありませんからね。この状態のまま祭りを迎えたらどれだけの欲望が爆発して悲惨なことになることか」

議員「そういう意味で、この定期的な炙り出しは必要不可欠です。いちいち心を痛めていては身が持ちませんよ」

国王「う、うむ」

議員「あの国との良好な関係を壊すわけにはいかないのです」




100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 04:15:24.31 ID:J+a1CwoJ0


エルメス「ねえ、次はどこへ行く?」ブロロロロロロ

キノ「うーん、このまま行けば次は女だけの国だろうね」

エルメス「そうだね。寄ってくの?」ブロロロロロロ

キノ「いや、やめておこう。なんだか嫌な予感がする」

エルメス「あはは、さっきの国ではひどい目にあったものね」ブロロロロロロ

キノ「本当に」

キノ「よく考えたら、あの国にボクが入れたのがそもそもおかしかったんだ」

キノ「あんなにザルな審査にも関わらず、街には女ひとりいなかった」

エルメス「本当だね」ブロロロロロロ

キノ「多分だけど、ボク達は嵌められたんだと思う」

キノ「理由はよくわからないけど」

エルメス「そういえば、夜中なのに門も開いてたね」ブロロロロロロ

キノ「そう、なにかしらの思惑があったのは確実だよ」

キノ「だから、お隣の国にもなにかしらあるかもしれない。だから行かない」

エルメス「そうだね、それがいいよ」ブロロロロロロ




101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 04:17:50.56 ID:J+a1CwoJ0


エルメス「そういえばさ」ブロロロロロロ

キノ「なに?」

エルメス「キノ、服破れてたけどやっぱり……見られちゃったの?」ブロロロロロロ

キノ「……」

エルメス「あらら、やっぱり見られちゃったんだ。女の子だもんそりゃショックだよね」ブロロロロロロ

キノ「……」

エルメス「痛い痛い、マフラー踏んづけないでってば!」ブロロロ……

キノ「……」

エルメス「ねえ、キノってば!痛っ!聞こえてる?ねえってば!」ブロッロロッロロロッ




終わり




104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 04:27:01.34 ID:J+a1CwoJ0


1年後―――――――――

シズ「女だけの国?」

「ええ、この国は女だけが暮らしている国です。男は存在しません」

シズ「それなら私は入れないな。失礼した、次の国へ行k」

「旅人の方でしたら女装して頂ければ問題有りません」

シズ「いや、しかし」

「いえ!是非入国してください!お願いいたします!」

シズ「……」

陸「モテモテですねシズ様」

ティー「もてもて」

シズ「ティーまで……」



これはまた別のお話―――――――――――――




105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 04:27:56.67 ID:J+a1CwoJ0


終わりです
拙いSSにお付き合いしていただきありがとうございました
保守してくれた方もありがとうございます




106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 04:29:54.75 ID:AG+Gq5Yj0


シズwww




107: 忍法帖【Lv=3,xxxP】 投稿日:2012/02/01(水) 04:35:30.02 ID:Ijm2zsNn0


面白かったけど
キノが寝込みを襲われるような
ミスはおかさないと思うけどなw




110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/01(水) 05:00:33.99 ID:qj0yea8a0


シズ…

あっさりしててよかったよ乙







第三世界図書館 新着S S 5 0