別作品
ハリー「頭が割れる…先生、これは…」ダンブルドア「群発頭痛じゃ」
ロン「僕とハーマイオニーが落っこちそうだとするよ?」ハリー「…うん?」 
ハリー「イメチェンしたいんだ」ロン「…うん?」ハーマイオニー「え?」 
ハーマイオニー「ハリーが女の子になってしまったわ」ロン「」 
ハリー「もてたいんだ」ロン「……その喧嘩、1シックルで足りるかい?」 
ハーマイオニー「すき……よ、ハリー」ハリー「あぁ、僕も……」ロン「」
ハリー「安価でホグワーツの女の子と付き合おう」
ハリー「宿題で潰れる休日」ロン「全く、ホグワーツってステキだよな」
ハーマイオニー「ハリーと喧嘩?」ロン「キャノンズ優勝まで顔も見たくないね」
シリウス「ハリーとの将来のためにマグル社会の勉強をしよう」

シリウス「騎士団のリーダーは、誰だと思う?」リーマス「……」

シリウス「ハリーのために、私達ができることはなんだ?」
ドラコ「『ポッターにチョコを渡してこマらせルフォイ大作戦』だ!」

ハーマイオニー「私……ロンと、離婚するわ」ハリー「……」

ロン「ハリー。君って、そんなに安月給だったっけ?」




関連作品

第一巻『ハリー・ポッターと賢者の石』相当
ハニー・ポッター「私が、魔法使い?」 
ハニー・ポッター「賢者の石、ですって?」
ハニー・ポッター「賢者の石は、どうなったのかしら」

第二巻
ハリー・ポッターと秘密の部屋』相当
ハニー・ポッター「秘密の部屋?なぁに、それ」 
ハニー・ポッター「スリザリンの継承者?なんなの、それ」

第三巻『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』相当
ハニー・ポッター「脱獄囚の、シリウス・ブラック?」
ハニー・ポッター「『エクスペクト・パトローナム!』」
ハニー・ポッター「『守護霊よ、来たれ!』」

第四巻『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』相当
ハニー・ポッター「勝つのは私、そうでしょ?」
ハニー・ポッター「何がこようと、受けて立つわ」 
ハニー・ポッター「いつか必ず、来るものは来るのよ」 
ハニー・ポッター「来るものは来る、来た時に受けてたてばいいのよ。勝つのは、私よ」 

第五巻ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』相当
ハニー・ポッター「騎士団、いいえ。私の豚団ね、そうでしょ?」  【前編】【後編
ハニー・ポッター「『私は、嘘をついてはいけない』……?」  【前編】【後編
ハニー・ポッター「誰一人だって、欠けさせないわ」  【前編】【後編
ハニー・ポッター「進まなきゃ、前に。そうでしょ?」  【前編】【後編

第六巻『ハリー・ポッターと謎のプリンス』相当
ハニー・ポッター「プリンス、だなんて。なんなのかしら」
ハニー・ポッター「暴いてみせるわ、マルフォイの企み」
ハニー・ポッター「どうして、スネイプなんかを……」 【前編】【後編

ハニー・ポッター「アルバス・ダンブルドアと、わたし」


第七巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』相当
ハニー・ポッター「分霊箱を、探す旅」 【前編】【後編
ハニー・ポッター「死の、秘宝……?」
ハニー・ポッター「最後(いやはて)の、敵なる死だって……越えてみせる!」【完結】










1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 17:08:09.43 ID:/yaHePaX0


グリモールドプレイス十二番地

リーマス「……ダンブルドアだろう?」

シリウス「あの人はどちらかというと、司令官ポジションだと思うわけだ」

リーマス「また君は……なんだい、今度は何の本を読んだんだ?え?」

シリウス「これだ。ジャパニーズ・マグルの、特撮というやつらしい」

リーマス「トンクス、ちょっとこっちにきてごらん。この犬に何を与えてるんだ」

トンクス「あー、っはは。面白いかなーってさぁ」

リーマス「どうするんだ、ハリーが不死鳥レッドにされてしまったら」

シリウス「何を言ってる、ハリーはブラックだ。髪の毛が黒い」

リーマス「そうだな、それに君の名前もブラックだしね。朝食はドックフードでいいかい」

トンクス「シリウスってたまにバカだよねぇ」




引用元:シリウス「騎士団のリーダーは、誰だと思う?」リーマス「……」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 17:12:32.22 ID:/yaHePaX0


リーマス「それで。ブラックをハリーに譲るとして」

シリウス「そうだ」

リーマス「お株が奪われた君は何になるんだい」

シリウス「マスコットだな」

リーマス「……」

トンクス「……わたし、シリウスがハリーの何になりたいのかたまに分からない」

シリウス「支えられれば、それでいいさ。何せ私はハリーの頼りになる後見人で……」

リーマス「チキン」

シリウス「やめろ」




4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 17:17:03.17 ID:/yaHePaX0


トンクス「そもそも、マスコットってさぁ」

リーマス「残念ながらシリウス、君は子供受けする犬種とは呼べないよ」

シリウス「カッコイイ犬は十分に子供受けがいいと思うが」

リーマス「なるほど、君は随分と自己評価に関して謙虚のようだね」

トンクス「シリウスみたいに大きい犬がいたら、子供は怖がるだけだと思うなぁ」

シリウス「リーマスの方がよっぽど怖いだろう?」

リーマス「人狼を怖がらない子供なんてどこぞの眼鏡だけだろう、何を言ってるんだ君は」




6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 17:21:23.13 ID:/yaHePaX0


トンクス「シリウスがマスコットってことは、うーん、わんこ戦隊とかになるのかな」

リーマス「トンクス、悪乗りはやめてくれ」

シリウス「私がマスコットとなればそうだが、少し威厳に欠けるなその名前は」

リーマス「いやそれは君がマスコットという時点で言えることだけれどね」

シリウス「何を言ってる。困ったときは駆けつけるぞ私は」

トンクス「ハリー限定な気がするけど」

リーマス「それさえ十二年かかったりするんだろう」

シリウス「やめろ」




7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 17:26:52.63 ID:/yaHePaX0


シリウス「やはり不死鳥戦隊ダンブルドアー、が一番しっくりくるな」

リーマス「すまないが人語で喋ってくれないか」

トンクス「? 今の、わたしは分かったよ?不死鳥戦隊……」

リーマス「トンクス、牛乳を取ってきてくれるかい。この戯言をぬかす犬に皿で飲ませてやるから」

シリウス「マスコットは私とフォークスの二枚看板だな、うん」

リーマス「方や治癒能力や瞬間移動、その他様々な能力持ち。方や唸るだけの犬、ハリーはどちらを頼りにするだろうね」

シリウス「どっこい!私には肉球がある!」

リーマス「うるさいよパッドフット」

トンクス「はいシリウス、牛乳」

シリウス「あぁ、ありがとう。懐かしいな、リーマスを怒らせた時はよくこれで飲まされたものだ」

リーマス「つまり今私は君にほとほと呆れているということなのだけど、伝わっているのかな果たして」




9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 17:33:47.01 ID:/yaHePaX0


トンクス「ハリー以外のメンバーはどうするの?」

リーマス「存外に食いつくあたり、さてはこの手の話が好きだねトンクス」

シリウス「流石アンドロメダの娘。あぁ、そこは騎士団メンバーにしたいところだが」

トンクス「ハリーの友達たちも入れたいよね」

シリウス「そうなると、ロンがレッドか……彼には悪いが、うーむ。少し分相応とはいいがたいか……?」

リーマス「それなら素直にハリーをレッドにすればいいじゃないか」

シリウス「ハリーはブラックだ、これだけは譲れない」




11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 17:38:03.62 ID:/yaHePaX0


トンクス「私達の身近で、うーん。レッドっぽい人って誰だろ」

シリウス「あまり騎士団にそれらしい人はいないな。ダンブルドアは司令官だから別として」

リーマス「あの人も存外腹黒いからブラックだとは思うけどね」

シリウス「君が言うか……あ、なんでもない。なんでも」

トンクス「あ、そんじゃぁさ。リーマスがレッドでいいじゃない」

シリウス「なるほど、返り血か」

リーマス「君が染めてくれるわけだな」




14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 17:42:07.94 ID:/yaHePaX0


リーマス「犬は置いておくとして。なんで私がレッドなんだい、トンクス」

トンクス「だってリーマスって頼りになるよ、うん。そ、そんでさ!私がピンクとか……」

シリウス「いや、君はレインボーだろう」

トンクス「見た目じゃん!!」

リーマス「言いつつ髪色を七色に変える君も流石だがね」

シリウス「というか、ここまで大体見た目できめていたわけだから今更だろう?」




16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 17:44:30.20 ID:/yaHePaX0


トンクス「だってレインボーって、絶対加入遅いじゃない……」

シリウス「騎士団最年少の君に相応しいじゃぁないか」

リーマス「チャーリーと同じだがね」

シリウス「おっと、レッド枠候補に彼もいたか」

トンクス「リーマスは結局何になるのよ」

シリウス「ブルーだな、私達の頭を冷やしてくれていたし」

リーマス「そのまま凍り付けばいいと何度思ったことか」




17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 17:49:20.38 ID:/yaHePaX0


トンクス「あぁ、リーマスたちの時代って言えばさ」

シリウス「なんだね、リーマスのブラックな一面を聞きたいのか?」

リーマス「顔面がブルーになりたくなければ黙っていればどうだい」

トンクス「あのさ、ハリーのお父さんもほら、立派な人?だったんでしょ?生きてたらレッドに……」

シリウス「いやあれは自分から『僕はゴールドだ!』とか言い出すバカだ」

リーマス「加入が後になると説明しても『主役は遅れて来るものだろう?』とか言い出すね、うん」

トンクス「ど、どういう人だったの」

シリウス「そういう奴だ」

リーマス「うるさい眼鏡だったよ、いい意味で」

トンクス「いい意味で!?」




20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 17:54:32.12 ID:/yaHePaX0


トンクス「うーん……益々困ったね、レッド候補」

リーマス「私としてはこのまま続けられる方が頭を悩ませることなんだけどね」

シリウス「ウィーズリーズは、アーサー以外はまだ若い。アーサー自身もあまり人を引っ張るタイプではないからなぁ」

トンクス「アーサーはさ、グリーンだよ!しっかり支えてくれるわ」

リーマス「それには同意したいね」

シリウス「他にレッドに相応しい人間……」

ガチャッ

ムーディ「ここにいたか、探したぞ。おい、来週の巡回だがな……」

シリウス「返り血どころか血塗れ、これだ!」

リーマス「いや、むしろブラックの適任じゃないだろうか」

トンクス「い、意外といいとこあるのよ?えーっと、グレーとかかな」

ムーディ「なんだ?わしを殺す魔法薬の話か?呪うぞ!!」




22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 18:01:07.35 ID:/yaHePaX0


ムーディ「……騎士団本部でなにをやっとるんだ、お前たちは」

リーマス「返す言葉もないよ、マッド-アイ……」

シリウス「真面目にやってほしければ、私にも仕事をさせてほしいものだね」

トンクス「そうよ、マッド-アイ!」

ムーディ「ほざくな若僧ども。ダンブルドアに外出禁止を食らったもんと、先日の破損報告書もあげとらん馬鹿者がなーにを言ってる」

トンクス「あ、あはは。まぁまぁマッド-アイ、牛乳でも飲みなよ。あなたカルシウム不足なのよ、うん」

リーマス「トンクス、マッド-アイ相手に皿で牛乳を出すのは何の目論見か疑われかねないからやめなさい」

シリウス「マッド-アイ……それだ!」

ムーディ「なんだ? 眼を奪って拘束する気か? 呪うぞ?」

シリウス「違う、違う。色でなく、二つ名形式でいこう!」

トンクス「! アメコミっぽい!」

リーマス「……悪化した」




25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 18:06:53.11 ID:/yaHePaX0


ムーディ「二つ名ぁ?」

トンクス「わたし、マッド-アイって初め紹介された時言っちゃったよ。『生まれた時からそんな眼だったの!?』って」

シリウス「なんというか、君らしいな。うん」

ムーディ「それならお前もカメレオンにしてやろうか、と言ったら爆笑しおったがなこのバカ娘は」

トンクス「だって似たようなもんだもん、おっかしかったなーあの時のマッド-アイ」

リーマス「世界広しと言えど初対面のマッド-アイにそんな感想を抱くのは君だけだろう」

ムーディ「なんだ?お前さんは敵意しかないときたか?」

リーマス「疑心暗鬼はやめてください」




26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 18:10:57.87 ID:/yaHePaX0


トンクス「で、二つ名形式にするのね」

シリウス「あぁ、これなら騎士団メンバー全員隊員にできる。ハリーはブラックだが」

リーマス「一人だけのけ者はやめるんだ。なら私もブルーのままでいい」

シリウス「!? な、なら私だってブラックだ!」

リーマス「根底から台無しだろう何を言ってるんだ君は」

ムーディ「わしからすれば何から何まで何を言ってるんだお前たちは、だが」

トンクス「まぁまぁいいじゃないマッド-アイ、たまにはお喋りして怖い顔やめなさいよ」

ムーディ「これは警戒顔と言うんだ。油断大敵!」

トンクス「いやここに敵きたらもう終わったようなもんじゃないの」 




28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 18:16:36.84 ID:/yaHePaX0


トンクス「私だったら、何?変幻自在ウーマン?」

シリウス「そもそも『七変化』の能力者自体が少ないのだから、それでいいだろう」

ムーディ「それで呼ぶと敵に看破されるだろうが、やめんか」

トンクス「えーっ。じゃぁ……」

ムーディ「老若男女レディだな」

リーマス「マッド-アイ……?」

トンクス「ダサい!!」

シリウス「じゃぁ『可愛い水の妖精』で、くっ、いいじゃないか、っぷ」

トンクス「頭を垂れろシリウス・ブラック!決闘よ!!!!」

リーマス「出来れば外でやってくれるかい」




31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 18:24:04.32 ID:/yaHePaX0


トンクス「もー、それじゃ私は後回しでいいわよ。マッド-アイは?変える?」

ムーディ「十年ちょっと呼ばれていれば愛着も沸く。そのままでいい」

シリウス「あー、そうなると私とリーマスも決まってしまうな。なぁ、我が友ムーニー」

リーマス「そうだね、肉球」

シリウス「おい」

リーマス「さっき自分で誇っていたじゃないか」




33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 18:28:36.46 ID:/yaHePaX0


シリウス「それならこっちだって言わせてもらうぞ、この腹黒め」

リーマス「ただの侮辱は宣戦布告と受け取るよ、このお坊ちゃま育ち」

シリウス「がふっ、せ、成績は、僕に負けていたくせに」

リーマス「おやおや、成績しか褒められるところがないと自分で認めるのかい」

シリウス「わふっ、お、オホン。ワフン。ぼ、僕は顔が良い」

リーマス「流石伝説のジゴロ。その自信満々さでコロッと女装したジェームズの悪戯にも引っかかったというわけで」

ポンッ

犬「わんわん!クーン?」

リーマス「……」

トンクス「……リーマスに口喧嘩で勝てるわけないって前に言ってたじゃないの、シリウス」

ムーディ「やるなら殺し合いにせんか、男らしくない」

トンクス「マッド-アイの同級生って生きた心地しなかったでしょうね」




36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 18:36:02.70 ID:/yaHePaX0


リーマス「いつもこれだ。学生時代にジェームズと論争になった時も大体彼が犬になってなぁなぁにする」

トンクス「それで諦めちゃうの?」

リーマス「彼はシリウスの肉球気に入っていたからね」

トンクス「あぁ、だからハリーにも有効だって思ってさっきあんなことを言ってたの」

ムーディ「肉球、なるほど。音もなくわしに近づく気か。どれ、足を出せ。取り除いてやる」

トンクス「っちょ、だ、ダメよマッド-アイ!もう!」

ムーディ「油断大敵!」

ギャアギャア!ドタバタドタバタ ワンワンキャインキャイン!

ガチャッ

キングズリー「なんの騒ぎだ……?あぁ、トンクス。この間の……」

ポンッ!
シリウス「『剥げピアス!』」

ムーディ「ふむ……『真っ黒耳輪』、これだな」

トンクス「『黒光り』!」

リーマス「……」

キングズリー「オーケー、私も大人だ。うむ、とりあえずリーマス以外はそこに正座。あぁ、マッド-アイ。あなたもだ」




38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 18:44:54.92 ID:/yaHePaX0


キングズリー「大体、騎士団の本部というのはだね――」

トンクス「うぅ、キングズリーのお説教は長いよ……?」

シリウス「このくらい、マクゴナガルの本気のお説教に比べれば軽いものだ」

キングズリー「そこ二人黙る。禿げさせられたいか、光るまで磨かれたいか」

シリウス「任せろ、反省したフリは得意さ」

トンクス「一応光らせることもできるわよ?」

キングズリー「よし、ダンブルドアに報告するとしよう」

シリウス・トンクス「「やめて!!!」」

リーマス「さすがにマッド-アイは正座免除でしたか」

ムーディ「む、義足がキツイからな。お前さんは何を書いとる?え? 早速ダンブルドアに手紙か?」

リーマス「いや、ハリーに手紙をね。『――ということがあったんだが、君はそういうヒーロー物に興味はあるのかい?』っと」




39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 18:51:02.97 ID:/yaHePaX0


キングズリー「――っというわけで、しっかり本部を守ること。シリウス、君は他に仕事もないだろう」

シリウス「がふっ、な、無いからあんなことを喋っているんだろう。悪かったな」

トンクス「そ、そうよ!悔しかったら私に仕事を頂戴よ!」

キングズリー「だから、君は前の魔法省での仕事が片付いていないから……」

ムーディ「む、そうだったな。どれ、わしも後輩どもを焚きつけるついでに着いて行くか。行くぞ」

トンクス「えーっ、まだメンバー揃えてないのに。わんこ戦隊の」

シリウス「不死鳥戦隊ダンブルドアー、だ。任せておけ、私とリーマスで進めておく」

リーマス「まず私は君に反省の二文字を勧めたいところだがね」




40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 18:58:52.82 ID:/yaHePaX0


キングズリー「マッド-アイ、若い『闇払い』に不意打ちで呪いをかけるのはやめてくれよ?」

ムーディ「なーにを言っとる、油断大敵!そうだろうが?え?」

キングズリー「ただでさえキツイ『闇払い』業から退職者を増やさないでくれ……」

ムーディ「このじゃじゃ馬に出来ることがなんで他に出来ん?え?わしのしごきにケロッとしとったろう、このバカは」

トンクス「あー、わたしマッド-アイ=面白い人、って思ってたからなぁ。おかしい人だったけど。バカってなによこの隻眼!」

リーマス「喧嘩はやめるんだ、トンクス。仕事が残っているならそれを済ませてからまた来なさい。遊びにじゃないよ?」

シリウス「そうそう、牛乳を注いで待ってるぞ。皿に」

トンクス「できればカップでお願いしたいわ……あ、っと。二人とも先に行ってて。あのさ、リーマス。ちょっと」

リーマス「?」

キングズリー「おっとピアスが落ちた、どこにいったかな」

ムーディ「足が痛む、いたた。しまったな、これはここで立ち止まるほかあるまい」

シリウス「……おっさんども」




42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 19:04:55.44 ID:/yaHePaX0


トンクス「あー、あのさ。わたしの呼び名、だけど」

リーマス「あぁ、シリウスの壊滅的ネーミングセンスは私がなんとかしておくよ」

トンクス「そ、それじゃなくってさ。あのね、リーマスなら、あー……よ、呼んでもいいよ。わたしのこと」

リーマス「うん?」

トンクス「ふ、二人のとき、とか、なら///」

リーマス「……」

トンクス「///」

リーマス「……ろ、『老若男女レディ』って?」

トンクス「」


キングズリー「蹴りに1ガリオン」

ムーディ「結膜炎の呪いに1ガリオン」

シリウス「いいや、こりゃビンタに1ガリオンで……」

スパーーーーーン!!!

シリウス「ほーらね」

トンクス「この食肉目!!!!もう知らない!ハ!フ!へ!だわ!!!行くわよ二人とも!もう!!もう!!!」




44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 19:09:51.76 ID:/yaHePaX0


バタンッ

リーマス「……私が何をしたんだ」

シリウス「いーろいろだろうさ、『朴念仁狼』くん」

リーマス「……うるさいよ『ヘタレ犬』 餌は抜きだね」




ハーマイオニー「マスコットはハリーよ!!それ以外認めないわ!」

ロン「いいや!ハリーはレッドのリーダーさもちのロンで!それにマスコットは君だろ、戦わせる何て……ま、マーリンの髭!髭!」

ハリー「……なんでもいいからヘンテコな戦隊よりDAの話し合いを……はぁ。リーマス、恨むよ」

今度こそ、完




45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/13(水) 19:11:30.52 ID:/yaHePaX0


何色でもえぇけどペットはシリウスな
ラドクリフお大事に
じゃあの!


ハリー・ポッターシリーズ

 一巻~七巻

 世界的大ヒット発売中!

 2014年後半、USJにて

 ハリポタアトラクション建設決定!!

 ハリポタラッピング電車
 
 JR西日本ゆめ咲線にて運行中!!!








別作品
ハリー「頭が割れる…先生、これは…」ダンブルドア「群発頭痛じゃ」
ロン「僕とハーマイオニーが落っこちそうだとするよ?」ハリー「…うん?」 
ハリー「イメチェンしたいんだ」ロン「…うん?」ハーマイオニー「え?」 
ハーマイオニー「ハリーが女の子になってしまったわ」ロン「」 
ハリー「もてたいんだ」ロン「……その喧嘩、1シックルで足りるかい?」 
ハーマイオニー「すき……よ、ハリー」ハリー「あぁ、僕も……」ロン「」
ハリー「安価でホグワーツの女の子と付き合おう」
ハリー「宿題で潰れる休日」ロン「全く、ホグワーツってステキだよな」
ハーマイオニー「ハリーと喧嘩?」ロン「キャノンズ優勝まで顔も見たくないね」
シリウス「ハリーとの将来のためにマグル社会の勉強をしよう」

シリウス「騎士団のリーダーは、誰だと思う?」リーマス「……」

シリウス「ハリーのために、私達ができることはなんだ?」
ドラコ「『ポッターにチョコを渡してこマらせルフォイ大作戦』だ!」

ハーマイオニー「私……ロンと、離婚するわ」ハリー「……」

ロン「ハリー。君って、そんなに安月給だったっけ?」




関連作品

第一巻『ハリー・ポッターと賢者の石』相当
ハニー・ポッター「私が、魔法使い?」 
ハニー・ポッター「賢者の石、ですって?」
ハニー・ポッター「賢者の石は、どうなったのかしら」

第二巻
ハリー・ポッターと秘密の部屋』相当
ハニー・ポッター「秘密の部屋?なぁに、それ」 
ハニー・ポッター「スリザリンの継承者?なんなの、それ」

第三巻『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』相当
ハニー・ポッター「脱獄囚の、シリウス・ブラック?」
ハニー・ポッター「『エクスペクト・パトローナム!』」
ハニー・ポッター「『守護霊よ、来たれ!』」

第四巻『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』相当
ハニー・ポッター「勝つのは私、そうでしょ?」
ハニー・ポッター「何がこようと、受けて立つわ」 
ハニー・ポッター「いつか必ず、来るものは来るのよ」 
ハニー・ポッター「来るものは来る、来た時に受けてたてばいいのよ。勝つのは、私よ」 

第五巻ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』相当
ハニー・ポッター「騎士団、いいえ。私の豚団ね、そうでしょ?」  【前編】【後編
ハニー・ポッター「『私は、嘘をついてはいけない』……?」  【前編】【後編
ハニー・ポッター「誰一人だって、欠けさせないわ」  【前編】【後編
ハニー・ポッター「進まなきゃ、前に。そうでしょ?」  【前編】【後編

第六巻『ハリー・ポッターと謎のプリンス』相当
ハニー・ポッター「プリンス、だなんて。なんなのかしら」
ハニー・ポッター「暴いてみせるわ、マルフォイの企み」
ハニー・ポッター「どうして、スネイプなんかを……」 【前編】【後編

ハニー・ポッター「アルバス・ダンブルドアと、わたし」


第七巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』相当
ハニー・ポッター「分霊箱を、探す旅」 【前編】【後編
ハニー・ポッター「死の、秘宝……?」
ハニー・ポッター「最後(いやはて)の、敵なる死だって……越えてみせる!」【完結】










第三世界図書館 新着S S 5 0